世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ

海が好き!山が好き!素敵な街。旅には、素敵な出会いがいっぱいです!

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❸

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❸

f:id:yukibodymake:20171109182247j:image

午後からは近くのスーパーマーケットを物色(偵察)し、その後スリーマをぐるっと歩いて回りました。
海沿いのプロムナードにはベンチがたくさんあるので、ゆったり休憩もできます。

f:id:yukibodymake:20171109182307j:image

また、あちこちでクリスマスグッズが売られていて、ちょっとテンションが上がる私です。可愛いグッズが本当にたくさんあって、物欲が湧き上がりますが、そこは見るだけで我慢です。

いつものスリーマ港まで戻ってきたら、マンゴースムージーを買って、海沿いのベンチで海とその先のバレッタを眺めてのんびり過ごしました。

 f:id:yukibodymake:20171109182359j:image  f:id:yukibodymake:20171109182421j:image

f:id:yukibodymake:20171109182444j:image  f:id:yukibodymake:20171109182507j:image

f:id:yukibodymake:20171109182534j:image

今回の旅はいつものようにバタバタ動き回ることはなく、ゆったり大人の?旅です。


本日の夕食は、(何故かアジアン)ヌードルにします。
昨日の失敗(量が多い)があるので、とりあえず一品注文し、後でもう一品追加しました。海外の旅では、一食はヌードルをいただく私達、お味は良かったですが、やはりアジアンレストランはお高く感じました。

f:id:yukibodymake:20171109182612j:image

食後はお土産の下見と食後の散歩で街ブラし、ホテルに戻って本日終了です(-_-)zzz。

f:id:yukibodymake:20171109182642j:image

 

 

マルタの旅4日目、今日は一日マルタ島郊外をプライベート観光です。

f:id:yukibodymake:20171109182717j:image

9時にツアーガイドさんとホテルロビーで待ち合わせですので、まずは朝食へ。何にするかと迷った挙句、マクドナルドに入ります。そこそこ良いお値段です(^^;。
マルタでの朝食は街のパン屋さんで惣菜パン(ほぼ全て€1)を買うことをお勧めしますm(_ _)m。

ホテルに戻る途中から、雲行きが怪しくなってきました。
今日は11月1日、マルタでは今日から「冬」ですが、早速の大荒れの天気です。雷が鳴り響き、結構な雨量です。

ガイドさん(日本人の50代の女性、ご主人はマルタ人)とドライバーさん(マルタ人)と合流したときも、かなりの大雨です(>_<)。

プライベート観光なのでガイドさんの判断で廻るコースの順番を変更し、雨が止むのを祈りつつ(マルタでは雨が降り続くことはほとんどないという言葉と自分達の運を信じて)、出発です。

坂の多いマルタ島、低い土地の道路は洪水状態(>_<)(>_<)!

それでも、一つ目の観光地「タルシーン神殿」に着く頃には、かなり小降りになってきました。

f:id:yukibodymake:20171109182824j:image
タルシーン神殿は保存の目的で、テントが張ってあるので雨でもほぼ大丈夫です。

f:id:yukibodymake:20171109182854j:image
この神殿の遺跡は、エジプトのピラミッドよりもその歴史は古いそうです。

 

続いて、「スリー・シティーズ」のセングレアにあるセーフヘブン公園へ。
マルタのガイドブックには絶対に載っている、監視塔ヴェデッテ、あの耳と目のついた有名な監視塔です。

f:id:yukibodymake:20171109182935j:image  f:id:yukibodymake:20171109183019j:image
そこはバレッタの「アッパー・バラッカ・ガーデン」の対岸になり、素晴らしい絶景が広がる場所です。

当日は大型クルーズ船が2隻就航していて、すごく間近に見ることができました。

f:id:yukibodymake:20171109183101j:image  f:id:yukibodymake:20171109183128j:image

その後現在はマリーナになっている、一番外海側の城壁の下にも連れて行っていただきました。(大型バスではここまで入れないという、プライベートツアーの特権です)

f:id:yukibodymake:20171109183211j:image
マリーナにはビックリするようなクルーザーも停泊していて、「世界のお金持ちさんって...」でした。

f:id:yukibodymake:20171109183242j:image

 

雨もほぼ上がってきました。

 

次に訪れたのが、「ブルーグロット(青の洞門)」です。

f:id:yukibodymake:20171109183334j:image
展望エリアからの眺めは、正に絶景そのものです。少し残念なのは、カラッと晴れていればさらに海の色が青さを増すはずだったことです。が、十分です。

f:id:yukibodymake:20171109183403j:image

大型の観光バスも止まり、たくさんの観光客さん達がいらっしゃいます。大型クルーズ船のエクスカーションでマルタ観光されているようです。

ブルーグロットでは(手漕ぎ)ボートで洞門に入れるそうですが、当日は朝の雨で(天気が回復しても)ボートは出ないようです(^^;。(さすが南欧!)

ボート乗り場の近くには海沿いに公園もあり、マルタにいくつかある無人島も見えています。(天気回復です*(^o^)/*)

f:id:yukibodymake:20171109183437j:image  f:id:yukibodymake:20171109183505j:image  f:id:yukibodymake:20171109183537j:image

 

 

続いてはマルタ最大の漁村「マルサシュロック」です。

f:id:yukibodymake:20171109183629j:image  f:id:yukibodymake:20171109183702j:image
ここは歴史的にもいろんな出来事があり、オスマントルコ軍やナポレオンの率いるフランス軍が上陸した港でもあるそうです。
また冷戦の終結の宣言をしたマルタ会議もこの海上だったんですよ!

f:id:yukibodymake:20171109183740j:image
そんなマルサシュロックの現在は、のどかな漁村兼観光地になっています。可愛い独特の船(鮮やかな色彩と漁師を守る目が付いた)たくさん浮かんでいます。

f:id:yukibodymake:20171109183816j:image  f:id:yukibodymake:20171109183847j:image

 

と、こちらでランチタイム休憩です。

漁村と言う割には、キッチリしたレストランで、テーブルコーデもフレンチ風です。

一品目は魚介のスープ(美味しいです(^。^)、ちょっと量が多いですが(・・;))、最初に出たパンはイマイチでしたが...、続いて魚介のショートパスタ(美味しいですがスープと同じ味⁇)はパスタが...(^◇^;)、そしてデザートのクランベリーのアイスクリームです。

 

f:id:yukibodymake:20171109184008j:image

さぁ気をとりなおして、観光再開で本日のハイライト「イムディーナ」観光です。

f:id:yukibodymake:20171109184053j:image

静寂の街と言われる「イムディーナ」、小高い丘の上に建つ古い都で、バレッタに首都が移されるまではこちらがマルタの中心だったそうです。

f:id:yukibodymake:20171109184113j:image

メインゲート付近にはカロッチン(観光馬車)も数騎待機しています。

f:id:yukibodymake:20171109184157j:image

入り組んだ細い路地は本当に絵画のようで、絶好の写真スポットですよ(^。^)。

f:id:yukibodymake:20171109184230j:image  f:id:yukibodymake:20171109184422j:image
ただ、当日は巨大クルーズ船2隻のおかげで、静寂はほぼなくすごい人でしたが...。

f:id:yukibodymake:20171109184515j:image
私達は参加しませんでしたが、夜暗くなってからのイムディーナ観光は抜群に良い雰囲気を味わえるそうです(特に冬は本当に人がいなくなるそうです)。

この街は観光地でありながら、居住されている方があり、その方達の車が街中を走りますので、写真撮影中は注意してくださいね!(居住者と搬入の車両は通行が許可されているそうです)、それとカロッチンにも注意ですm(_ _)m。

f:id:yukibodymake:20171109184554j:image

またイムディーナの中にホテルも一棟だけあり(10数室のみ)、お忍びのセレブやハリウッドスターが泊まられたホテルなんですって!

ホテル宿泊料金も高いらしいですが、さらにイムディーナに家を所有することがお金持ちさん達のステイタスなんだそうで、数億円以上するんですって!(コンビニもスーパーも病院もない不便な所なのに...)

f:id:yukibodymake:20171109184648j:image  f:id:yukibodymake:20171109184716j:image

たっぷり時間をもらってのイムディーナ観光でしたが、時間を持て余し、少し早目に観光終了、時間があるということで、イムディーナ近くの大きな教会?に寄ってくださいました。

f:id:yukibodymake:20171109184750j:image
ローマのパンテノンに似た造りの大きな教会で、大戦中に投下された爆弾もマリア様のお陰で不発になったと言われていて、その爆弾のレプリカが奥の部屋に展示されています。

f:id:yukibodymake:20171109184854j:image

 

これで、本日のプライベート観光終了です。
ホテルに戻る時の運転はかなりハードでした(これがマルタの運転のようです)(^◇^;)。

 


少しお部屋のバルコニーで休憩した後は、残りもう一つの街セントジュリアンへ行ってみました。
今日のガイドさんから、夜はセントジュリアンが賑やかだと聞いていたので、ぶらぶら歩いてお出掛けします。

f:id:yukibodymake:20171109184957j:image
プロムナードに出るまでは、ほとんど人気のない住宅街?を抜けて行くのですが、治安が良いことで有名なマルタですので、用心しつつも安心して歩けます。(危険といえば車くらいです)

f:id:yukibodymake:20171109185033j:image  f:id:yukibodymake:20171109185112j:image  f:id:yukibodymake:20171109185305j:image

人もお店も多いですが、特別何かある訳でもなく、さすがにカジノまでは遠いし一周してホテルに戻りました。(二人共、お腹が空いていなかったので本日は夕食抜きです)(-_-)zzz

 


マルタの旅、5日目(最終日)は、まずはスリーマのカフェで朝食をいただきます。

f:id:yukibodymake:20171109185148j:image
お店は開いていて、メニューも置いてあるんですが、(7時30分頃)ブレックファーストメニューはまだとのこと(^_^;)(^_^;)。(朝は8:00頃から夜8:00くらいがマルタの一般的な営業時間のよう。もちろんレストランやBARは遅くまで営業していますが...)確かに周りのおじさん達はコーヒーしか飲んでいません。
販売されているパンはOKだったので、そちらを注文し結果オーライでした。(パンは美味しくて安いんで...)

朝食後は街ブラしながらお土産を物色です。

f:id:yukibodymake:20171109185351j:image
結局、今回はチョコレートをたくさん買ってお土産終了。(全く同じ物ではないので一概には言えませんが、ブリュッセル空港よりも断然物価が安いマルタの方がお得感がありました)

ホテルに戻り、荷物をパッキングして、チェックアウト、荷物を預けて再度、昼食にお出掛けします。(フライトの時間は16:05なので十分時間はあるはず...(^。^))

スリーマとセントジュリアンの間にある海沿いのカフェに入り、私はシーザーサラダ、主人はペペロンチーノを注文。

f:id:yukibodymake:20171109185559j:image
またもや、急に雲行きが...。雨が降り出しました。オープンテラス席からテント下に避難し(海は見えますが)、ゆっくり昼食です。

すぐに止むと思っていた雨、そんなに強くはないですが、降り続いています。
1時30分頃、少し弱まった時を見計らってホテルに急ぎます。マルタの建物の造りがバルコニーや出窓があるので、その下を通ってほぼ濡れることなくホテル到着です。

ホテルからは送迎タクシーをお願いし空港まで。(このタクシーのお兄さんが最強に乱暴な運転でヒヤヒヤ(^◇^;))


マルタ〜ブリュッセル〜成田〜伊丹と乗り継ぎ、今回の旅も終了です(6日目)

f:id:yukibodymake:20171109185449j:image


今回も色々な経験をした旅でした。物価も安く、治安も良いマルタ共和国、また来ようと思える場所でした。

(遠かった事(フライト時間)を除けば、すごく良い旅でした\(^o^)/)

 

今回のオプションツアーはすべて☆24時間いつでもオンライン予約可能! 

オプショナルツアー予約専門VELTRA / Alan1.net 

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❷

f:id:yukibodymake:20171109172815j:image

クルーズ船で出発待ちの私達ですが、このゴゾ島までの嫌な思い出が蘇ります。(まぁ、でもコミノ島まではすぐなんで大丈夫と言い聞かせます)

船はスピードを上げることもなく、ゆっくりと進み、まさしくクルーズ状態!です。

f:id:yukibodymake:20171109172843j:image
僅か5分〜10分程度で到着のようで、その海の青さは写真で見るものと同じです*(^o^)/*。

f:id:yukibodymake:20171109172923j:image

そこでは海に入っている外国人の方々がたくさんいらっしゃいます。(日差しは十分ですが、気温的にはちょっと肌寒いくらいですから、私達は高台に登り海を眺めることに...)

f:id:yukibodymake:20171109173010j:image

若干太陽の光が弱いので、本当に夏の晴れた日ならもっと青いブルーラグーンを見ることができたんでしょうが、私的には十分です*(^o^)/**(^o^)/*。

コミノ島には約一時間の滞在ですが、ボーっと綺麗な海を眺めて過ごし、心もカラダも癒されます。

f:id:yukibodymake:20171109173047j:image

時間になり、私達は覚悟を決め船に乗り込みます。(少し早めに乗って良さげな場所をキープします)
ここでもやはり遅れて来られる方がいて、船は出航できません。(コミノ島はクルーズ船とゴゾ島からのボートしか来ないので、置いて出発することはできないようです)

20分程度遅れで出航、いよいよ覚悟を決めるしかないと気持ちを引き締めますが、???です。クルーズ船はゴゾ島からコミノ島に来た時同様、ゆっくり、ゆったり、クルーズです。

f:id:yukibodymake:20171109174055j:image
コミノ島周辺の景色を観るためにゆっくり航行していると、勝手に思い込みながら緊張している私です。

f:id:yukibodymake:20171109174127j:image

しかし、そこからいくら進んでもスピードを上げる気配はなく、クルーズ状態でマルタ島も見えてきました。結局、スリーマの港までゆっくりクルーズして戻りました。

f:id:yukibodymake:20171109174153j:image  f:id:yukibodymake:20171109174214j:image
所要時間が往復共同じくらいだったので、行きは逆風と高波のためにフルスロットルで航行していただけで、本来は帰りのようにゆっくりとクルーズ船のツアーを愉しむものなんだと気付きました。(揺れることもなく、もちろん船酔いもなく、快適なクルーズです)

スリーマに到着は予定より少し遅い18時頃でしたので、ホテルには戻らずそのままマルタでの初夕食をいただくことにしました。

スリーマの港の近辺には多国籍のレストランやBARがたくさんあります。
とりあえず一回り下見をした後、今日の疲れ(船酔い?)の回復には「お肉」でしょー!ということで、チョイスしたのは何故か?メキシコ系のBAR(レストラン)でした。
カラダが冷えていたのでスープ1品と私はビールとリブチョップ、主人はコーラとフィレステーキを注文(多分、多いだろうなぁと思いつつ...)、時間も早くまだ happy hour だったせいか、ドリンクの後、料理がなかなか出てきません。
まずコーンとチキンの入ったちょっぴり辛いスープが出てきました。絶品です*(^o^)/*!カラダも温もりご機嫌に...、しかしまたここからが長いんです。
次のメイン料理が出てきた頃には、私のお腹はそこそこ満たされています。そして目の前には巨大なリブチョップが...(^◇^;)!

f:id:yukibodymake:20171109174329j:image

主人は自分が注文したお肉はペロリと食べていましたが、私は案の定、量が...、主人にも手伝ってもらいましたが残してしまいましたm(_ _)m。

f:id:yukibodymake:20171109174359j:image
マルタの食事の量は多いということをすっかり忘れていた主人曰く、このリブチョップは肉厚過ぎると唸っていました。

お腹いっぱい満たされ(過ぎ)た私達は、散歩がてらちょっとだけ周辺のお店をウィンドウショッピングし、早めににホテルに戻りました。(昨日の日本からの移動疲れと今日のクルーズ疲れ(行きの船酔いとカラダの冷え)もあったので...)

明日は予定なしの完全Free dayですが、体力回復のため眠ることにします(-_-)zzz。

 

 

 

マルタの旅、3日目はFree dayです。

眠りも浅く、変な時間に起きたり寝たりで、カラダの回復もイマイチですが、旅行中はいつまでもダラダラしている訳にはいきません。

f:id:yukibodymake:20171109174617j:image

今日は世界遺産の街、バレッタ散策をすることにします(^o^)/。

スリーマ港からフェリー(渡し船)でバレッタに渡ることにします。
乗船客は観光客以外にこちらでお仕事されている方や留学生?さんも乗っていらして、市民の足にもなっています。料金も往復で€2.8とリーズナブルです。

f:id:yukibodymake:20171109174657j:image
フェリー以外にもバレッタへは公共のバスがたくさん運行していますが、おそらく船で渡る方が早くて便利なのかも...。

バレッタに到着後はメインストリートの「リパブリックストリート」を目指します。

f:id:yukibodymake:20171109174730j:image

このバレッタのリパブリックストリートは正にマルタの象徴です。
城壁に囲まれたバレッタの街の中心を入り口の門から海に続く砦までを、まっすぐ突き抜ける大きな通り(ほかの通りはほとんどが狭いんです)です。

建物の角にはいろんな像が彫られていたり、すごく絵になる(写真映えする)街並みです。

f:id:yukibodymake:20171109174815j:image  f:id:yukibodymake:20171109174905j:image  f:id:yukibodymake:20171109174952j:image  f:id:yukibodymake:20171109175154j:image  f:id:yukibodymake:20171109181454j:image

テレビで紹介されていたパン屋さんもすぐに見つけることができましたが、やはりたくさんの地元の方が並ばれていたので、ここはスルーして他のお店で本日の朝食を購入。

f:id:yukibodymake:20171109175027j:image
私はマルタ名物のリコッタチーズの入った揚げパンを、主人はソーセージのパンを購入しました。チーズたっぷりだし揚げているしかなり濃厚かと思いましたが、想像よりはかなりあっさりしていて、美味しくいただきました。(観光地のバレッタでもやはり物価は安いようです*(^o^)/*)

ヨハネ大聖堂や騎士団長の宮殿、パレス広場を抜け、聖エルモ砦まで、リパブリックストリートを歩きました。

f:id:yukibodymake:20171109175133j:image
そこから海を眺めながら、大きな鐘のある休憩スポット?で先ほど買ったパンをいただきちょっとまったり、そしてローアー・パラッカ・ガーデンまで、とっても気持ちの良い朝のお散歩(日差しが出るとかなり暑いですが)です。

f:id:yukibodymake:20171109175328j:image  

f:id:yukibodymake:20171109175404j:image  
大きな軍艦(ユーロの旗やヨーロッパの国々の旗を掲げた)が曳航されているのも見ることができました。

f:id:yukibodymake:20171109180507j:image


このローアーガーデンも素敵な空間で、近所?のおじさん達が朝のお散歩?に来られのんびり過ごされていて、のどかな南ヨーロッパの風景です。

f:id:yukibodymake:20171109180554j:image  f:id:yukibodymake:20171109180641j:image

その後目指すのは、観光客が必ず訪れると言われるアッパー・パラッカ・ガーデンへ。
海沿いに進むのはちょっと遠い気がしたのと、日差し避けも兼ねて住宅街?を抜けて行きました。

アッパーガーデンには本当にたくさんの観光客が訪れていて、個人の人から添乗員さんに連れられて各国の団体さんまで、すごい賑わいです。日本人の団体さん(そこそこご高齢の方達)もいらっしゃいました。(この旅で初めて見かける日本人ツアーさん達でした)

f:id:yukibodymake:20171109180729j:image  f:id:yukibodymake:20171109180818j:image

このアッパーガーデンは正午に大砲発射の実演(もちろん空砲ですよ)があったり、側にはマルタ名物の観光馬車「カロッチン」が待機していたり、正に「ザ・観光地」です。

f:id:yukibodymake:20171109180852j:image  f:id:yukibodymake:20171109180919j:image

f:id:yukibodymake:20171109180957j:image   f:id:yukibodymake:20171109181115j:image
そこから街中に入って行くと、そこはバレッタの入口でしたのでこれでバレッタは走破?です。

f:id:yukibodymake:20171110152212j:image

その後はバレッタの街中を散策、途中ジェラードとロールケーキ休憩しつつ、教会で涼んだり(イタリアに行った時に教えてもらいました)、ぶらぶらします。

f:id:yukibodymake:20171109181158j:image  f:id:yukibodymake:20171109181234j:image  f:id:yukibodymake:20171109181310j:image

最後に「聖ヨハネ大聖堂」には入場観光します。(一人€10で、言語別の解説機付きです)

f:id:yukibodymake:20171109181424j:image

ヨハネ大聖堂の入口側には、タックスヘイブン(パナマ文書)の取材で暗殺?されたジャーナリストの慰霊の祭壇が設けられていましたm(_ _)m。

f:id:yukibodymake:20171109181537j:image

ナポリの教会やバチカン市国のサンピエトロ大聖堂も素敵でしたが、こちらの聖ヨハネ大聖堂も凄いです。歴史的には他の教会とは少し違い、騎士団の礼拝堂で、8つの国から集まった騎士団ですので、礼拝場所もドイツ、フランス、イギリスなど国ごとに分けられています。

f:id:yukibodymake:20171109181622j:image  f:id:yukibodymake:20171109181722j:image

f:id:yukibodymake:20171109181804j:image  f:id:yukibodymake:20171109181837j:image  f:id:yukibodymake:20171109181921j:image  f:id:yukibodymake:20171109182005j:image
その8という数字がキーワードで、柱の数だったり、騎士団のマークなどになっているそうです。
当時マルタは、オスマ ントルコ帝国に対抗するために、いわゆる連合国で築かれた城壁の要塞都市でしたが、その後ナポレオンの軍隊によって奪還されたという歴史があるそうです。

 

バレッタの街を十分堪能し、一旦ホテルに戻ってのんびり過ごすことにします。
フェリーでスリーマに戻り、道中お昼ご飯(主人はピザ、私はリンゴ)を買って、お部屋でいただきました。

f:id:yukibodymake:20171109182130j:image

昼食後はパレスホテル自慢?の屋上プールで休憩です(_ _).。o○。

f:id:yukibodymake:20171109182055j:image

 

今回のオプションツアーはすべて☆24時間いつでもオンライン予約可能! 

オプショナルツアー予約専門VELTRA / Alan1.net 

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❶

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❶

f:id:yukibodymake:20171109170643j:image

2017年10月、今回の目的地は地中海の小島、マルタ騎士団が作り上げた城塞都市『マルタ共和国』です。

f:id:yukibodymake:20171109170816j:image

今回の旅を決めたのは、なんと1月31日!主人がやたらとパソコンを使っていると思ったら、2月以降の予約には燃油サーチャージがかかるということらしく、色々検索した結果ずっと気になっていた『マルタ共和国』にしたようです。

もちろん地中海ですからヨーロッパ、いつも通りの超長旅です(>_<)。

今回もANAさんを利用します。まずは伊丹空港から成田へ、そしてベルギーのブリュッセルでトランジットしてマルタ到着という日程です。

f:id:yukibodymake:20171109170905j:image
しかもブリュッセル空港でのトランジット時間が5時間弱、結局家を出てからホテルに到着するまで25〜26時間かかりました(>_<)(>_<)。

当日は日本に台風が近づいていたのですが、逃げるように大阪から東京、そして海外へ!あまり揺れる事もなく、無難なフライトです。
主人から着いたら夜なので、飛行機ではあまり寝ないように言われていたこともあり、ブリュッセルまでは映画を観まくりのロングフライトでした。

そして今回の旅の最難関、ブリュッセル空港で如何に過ごすかというです。

f:id:yukibodymake:20171109171009j:image
成田出発が少し遅れたとはいえ、5時間弱もあるトランジットです。事前調べでは、チョコレートが世界一売れる空港ということで(試食とかあるかなと期待しつつでしたが試食もなく)、とにかく種類と数は多く(多過ぎ)、安いのか高いのかもよく分かりません。

f:id:yukibodymake:20171109171059j:image  f:id:yukibodymake:20171109171127j:image
歩き疲れたので、ここで一端腹ごしらえですが、ブロイラー状態でのフライトの後ですので、そんなにお腹も空いていません。しかしここで少し食べておかないと明日まで食べれない?と思い、ベルギーですから「ワッフル」をいただくことにします。大好きなチョコレートのついたとってもビッグな「ワッフル」が€2.90と、これは安かったように思います。

その後もぶらぶらしたり、ソファでまったりしたりしながら、マルタへのフライト待ちでした(_ _).。o○。

ブリュッセルからマルタへは2時間30分ほどで到着です。(この飛行機で軽食が出たのは計算外です)

空港からは(時間も遅い事もあり)送迎をお願いしていて、すぐにドライバーのおじさんとも落ち合うことができ、ほぼ深夜に今回お世話になるスリーマの「パレスホテル」に到着!5つ星の素敵なホテルです。

f:id:yukibodymake:20171109171255j:image

チェックインも滞りなく済ませ、ざっくり荷物を片付けたら、明日のために眠ることにします(-_-)zzz。

 

 

マルタの旅、2日目は「ゴゾ島観光とコミノ島ブルーラグーン」への(いいとこ取り)クルーズ船ツアーに参加します。

f:id:yukibodymake:20171109171401j:image  f:id:yukibodymake:20171109171431j:image

集合時間は9時45分だったので、まずは朝食がてらスリーマ散策です。(もちろん集合場所のチェックも兼ねてです。)

f:id:yukibodymake:20171109171534j:image

時差ボケ?のせいか、夜明けにマルタ航空で頂いた軽食のパンを食べた私はそんなにお腹も空いていなかったことと、ホテルのお部屋でコーヒーも飲んできたので、主人の買ったパンを少しだけ食べただけでした。(これが後々好結果になるとは...)

お天気は雲が多いものの、時折照りつける日差しもあり、まあまあの青空です。

9時30分頃になり、クルーズ船付近に行ってみると、既に乗船されている方もいるようで私達も船に乗り込みます。(このスリーマ港はたくさんのクルーズの拠点で、朝から呼び込みの方が声をかけてきます。しかしそんなに嫌な感じもなく、逆に私達の乗る船の場所を教えてくれます)

2階の展望デッキシート後方の席に座った私達、時間とともに周りにはビッシリと外国人だらけです。

f:id:yukibodymake:20171109171726j:image
朝のスリーマ散策でも日本人はほとんど見かけませんでしたが、このクルーズツアーでもいないようです。(お一人の女性が唯一乗っていらっしゃいました)
そして今までの海外旅行とは違い、中国人の方達も見かけません*(^o^)/*。

f:id:yukibodymake:20171109171645j:image

10時を過ぎた頃、いよいよ出発です。
船はバレッタの街並みを横目に湾から出て、外海に突入します。結構波が高い?と思ったのも束の間、そこからはまるでアトラクション(船の名前もエクストリーム号って( ̄◇ ̄;))です。フリーソフトドリンクのツアーですが、取りに行く事も大変なくらい(飲まれている方もいますが...)の揺れです。そのうち揺れも収まるかなぁ?と思いながら必死に耐えていましたが、一向にそんなこともないまま船はフルパワー?で進んでいきます。

陽が照ると暑く、雲で陰ると寒い、そんな空模様と、強烈な揺れでグロッキー状態の私です。もう少しでゴゾ島に到着するかという時に雨が降ってきたので、慌てて1階の船内に降ります。これが悲劇の始まりでした。
主人の唇の色がなくなり、顔色も良くありません。と人のことを気にかけていましたが、私自身も急に気分が悪くなってきます。もし、朝ご飯をしっかり食べていたら大変なことになっていたことでしょう(>_<)。

f:id:yukibodymake:20171109171820j:image
ゴゾ島到着まで本当にキツいクルーズとなり、まだ午前中だというのにとんでもない疲労感です。

 

到着後はクルーズ船を降り、小型のバス(補助席まで目一杯乗せて!)で島内観光です。

まずは定番?のお土産店のようです。マルタ名産のシルクのお店で、トイレ休憩を兼ねているようです。

f:id:yukibodymake:20171109171915j:image
まだ船酔いの余韻が残っていた私は、お店の中はスルーして外で太陽に当たります。
指定時間前にはバスに乗り込みましたが、スペイン人?の若い女性二人組みがだけが遅れています。

全員揃ったら次の観光地に出発、続いてはゴゾ島のカトリック教会です。

f:id:yukibodymake:20171109171948j:image
本来は「アズールウインド」と呼ばれる自然が作り出した海に突き出たアーチの観光だったと思いますが、今年の3月に崩れ落ち(主人的には崩れた後でもアズールウインド跡に行きたかったようですが...)何も残っていないらしく、変更になったのかも...です。
ですが、そこはヨーロッパのカトリック教会ですので、しっかり見所満載です(^o^)/。

他の皆さんもバスに向かっているので私達も続きますが、また先程の二人組みが遅れているようです。(ツアー客の方もドライバーさんもちょっとお怒りのようです(#^.^#))

元々、マルタは車の運転が荒いそうですが(昨日の送迎のおじさんも確かにそうでした)、この一件でさらに悪化したような...(^^;。

 

その後、バスはゴゾ島の中心地ヴィクトリアに到着、こちらでは約一時間の滞在で、お城(跡)観光と昼食になります。

f:id:yukibodymake:20171109172058j:image
ここでバスのドライバーさんが一言、「時間厳守、遅れた人は置いて行くから...」との事、やっぱり怒ってたんですね〜。(降りて行く人、一人ずつに出発時間を連呼されていました)

まずは、ヴィクトリアキャピタルに向かいます。石造の高い外壁と中心にはカトリック教会、通路は狭く、まさに要塞都市マルタといったお城跡です。

f:id:yukibodymake:20171109172151j:image  f:id:yukibodymake:20171109172229j:image  f:id:yukibodymake:20171109172302j:image
もちろん当時を再現した大砲も置かれています。

f:id:yukibodymake:20171109172513j:image

が、その残っている建物はカフェやレストラン、お土産店になっていて、ちょっとだけカルチャーショックでした。

また一番高台の所からはヴィクトリアの街やゴゾ島の絶景を眺めることもできます(^o^)/。

f:id:yukibodymake:20171109172354j:image  f:id:yukibodymake:20171109172430j:image

その後、お城から下ってきた私達ですが、昼食をどうするべきか相談です。「帰りの船もあの揺れなら、食べるとまずいんじゃないか?」「特にスリーマで買って持ってきているのは、ミートパイとチキンパイなのでこれは絶対食べない方が良いよね!」などなど...。
さほどお腹も空いていないので、とりあえずアイスクリームをいただくことにしました。イタリアでもそうでしたが、暑い日のお昼はジェラードで十分かもしれません。ジェラードを食べて落ち着いた私達、もう少し時間があるので街の散策です。
その後リンゴ1つとバナナ1本、お水を買ってバスに向かいました。(ジェラードもそうでしたがフルーツもお水も安いです。マルタは物価が安いと言われていますが、他のユーロ圏に比べると格段に安いのかもしれません!)

バスは定刻に全員を乗せて港に戻ります。(今回はあの二人組みも時間通りの集合でした)

f:id:yukibodymake:20171109172604j:image  f:id:yukibodymake:20171109172645j:image

次は主人のこの旅のハイライト、コミノ島のブルーラグーンへクルーズ船で移動です。

f:id:yukibodymake:20171109172724j:image

 今回の現地ツアーはすべてオプショナルツアー予約専門VELTRA / Alan1.net

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 大都会の楽園!『Bintan(ビンタン)島』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 大都会の楽園!『Bintan(ビンタン)島』の旅❷

f:id:yukibodymake:20170623153229j:image

BLR2日目、まずは朝の散歩です。

日本に居る時にはないのんびりとした朝ですね〜o(^o^)o。
ビーチからビューポイントと書かれた高台まで、朝陽を浴びながらのお散歩です\(^o^)/。

f:id:yukibodymake:20170623153329j:image
が、気持ち良かったのもつかの間太陽がしっかり昇ると、やっぱり暑いです。

しかも陽射しも半端なくキツイです(>_<)。

f:id:yukibodymake:20170623153413j:image

一旦、お部屋に避難し、その後は予約していたテニスをしました。
この暑さと東南アジア特有の湿度に、さすがに滅入ってしまうほどです。(現地のスタッフの女性は今日は涼しいね、って...( ̄◇ ̄;))

f:id:yukibodymake:20170623153446j:image

テニスも早々に切り上げ、朝食へ。
ブッフェスタイルの朝食で、景色の良いアウトサイドの席も空いていましたが、一番涼しそうなACの効いた席でいただくことにしました。

f:id:yukibodymake:20170623153527j:image

朝食後は今日もプールサイドでまったり、今日は少し曇っていて私的にはグッドです\(^o^)/。

お昼(カップ麺)を食べにお部屋に戻ったり、またプールサイドでゆっくりしたり、お部屋でのんびり過ごしたり...。夕方にはビリヤードで楽しみました。

f:id:yukibodymake:20170623153552j:image

夕食後はお部屋でまったり、「何もしない贅沢な時間」です。

(-_-)zzz。

f:id:yukibodymake:20170623153734j:image
BLR3日目、(ちなみに主人は1人でビーチまでサンライズを撮りに行ってましたが)まずは朝食です。

f:id:yukibodymake:20170623153800j:image

昨日と同じブッフェレストランでいただきました。今日はテラス席で..o(^o^)o。

朝食後は本日もテニスで汗を流します。(朝とはいえ東南アジアでのテニスは危険かも...)

テニスを終え、お部屋に戻ると間も無くして3日連続のスコールです。(このせいで湿度が...)

f:id:yukibodymake:20170623153823j:image

本日の13:00の船でシンガポールに戻りますが、まだまだのんびり過ごします。

f:id:yukibodymake:20170623154012j:image

今日のスコールは本格的に長く降っているので、帰りの船が揺れるかと心配でしたが、お昼前にはすっかり上がり快晴です\(^o^)/。

f:id:yukibodymake:20170623153940j:image

チェックアウトを済ませ、荷物を預けたら、そのままビーチに向かいます。

f:id:yukibodymake:20170623153912j:image
名残惜しいですが、最後ギリギリまでビンタン島の海を堪能し、船のターミナルへ。

 

1時間15分後には、『シンガポール』に到着し、入国審査、税関検査を済ませ、無事に入国完了。

 

タクシーもすぐにつかまり、一晩だけお世話になる『クラウン・プラザ・チャンギエアポート』ホテルヘ。

f:id:yukibodymake:20170623154116j:image

チェックインして荷物を置いたら、シンガポールの街に繰り出します。

何処に行くか迷いましたが、マリーナベイに行くことにしました。

f:id:yukibodymake:20170623154203j:image
以前最初にシンガポールに来た時には『マリーナ・ベイ・サンズ』に宿泊しこの周辺もかなり散策しましたが、マリーナベイのプロムナードが整備され綺麗に変わっていました。

プロムナードを歩き、マーライオンパークまで行きます。

f:id:yukibodymake:20170623154259j:image
「ワン・フラトン」というウォーターフロントのエリアもとても綺麗に整備され、マリーナベイサンズの夜のライトアップを眺めるには絶好のロケーションです。

f:id:yukibodymake:20170623154334j:image

f:id:yukibodymake:20170623154414j:image

f:id:yukibodymake:20170623154421j:image

帰りのMRTの乗り場に行くのにちょっと迷いましたが、そのおかげで近くの「ホーカーズ」にたどり着き、「マンゴーアイス(カキ氷)」で喉を潤し、チャンギエアポート戻りました。

 

チャンギエアポートの地下にあるスーパー(偶然発見!)で、お土産を少し買い、ホテルに戻ります。
明日は早朝便で帰国ですので...(-_-)zzz。

f:id:yukibodymake:20170623154538j:image
5日目の早朝のフライトで、成田を経由し伊丹でこの旅も終わりです。

「何もしない贅沢を満喫する旅!」も悪くないと思える旅になりましたm(_ _)mm(_ _)m。

レンタル海外携帯

 

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 大都会の楽園!『Bintan(ビンタン)島』の旅❶

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 大都会の楽園!『Bintan(ビンタン)島』の旅❶

f:id:yukibodymake:20170623152347j:image

2017年GW、今回の旅は2泊5日で行く『ビンタン島』とちょっとだけ『シンガポール』です。

(計画編で書きましたので)早朝6:00頃にシンガポールチャンギ国際空港に到着したところからスタートです。

 f:id:yukibodymake:20170623152430j:image

ビンタン島』への船の乗り場はチャンギ国際空港の近くにある「タナ・メラ・フェリー・ターミナル(TMFT)」ですが、他の方の旅行記に何もないフェリーターミナルと書かれていたので、すぐにシンガポールに入国はせず、ちょっと空港内で時間を潰します。(と言ってもあまりする事もなくただただうろうろするだけ...)

f:id:yukibodymake:20170623152551j:image

なので、覚悟を決めて「TMFT」にタクシーで移動、10分くらいで到着です。
私達は『ビンタンラグーンリゾート(BLR)』に滞在ですので、直行のモザイクフェリーのカウンターでチェックインし、そのまま荷物も預けます。

f:id:yukibodymake:20170623152518j:image
そしてシンガポールからの出国審査を済ませ、乗船ゲート前のターミナルでしばし時間待ちです。

 

周りにはだんだん人が増えてきて、中国系の方がたくさんいらっしゃいます(^_^;)。

良くおしゃべりになられますね〜(>_<)。
日本人の子供さん連れのご家族も数組いらっしゃいました。

 

9:00発の高速船で1時間15分、時差がありますのでインドネシア時間9:15に『BLR』に到達。

f:id:yukibodymake:20170623152700j:image

船は「かなり揺れる」とか「船酔いの薬を飲むように」とか書かれていましたが、そんなに揺れる事もなく快適でした(^^)/。(その時の天候や波次第なんでしょうねm(_ _)m)
「フェリー内はかなり寒い」とも書かれていましたが、寒がりの私でもそれほどでもなかったです...(^。^)。
それよりも、派手なリゾートファッション(花柄のワンピースに花のついたリゾートなハット)で写真を撮りまくっていた中国のおば様達(結構なお年だと思います)に「酔いそう!」と主人は呟いていましたが...( ̄◇ ̄;)。


『BLR』の到着ゲートでも簡単に入国審査があります(人数も少ないしあっという間に終わります)。
「暑いです(^◇^;)」


ホテルまでは小型のバスで送迎ですが、私達は荷物を預けていて身軽なので歩いてホテルロビーまで向かいます。

f:id:yukibodymake:20170623152741j:image
そのままフロントでチェックインできるか聴いてみましたが、さすがに9:00過ぎでは無理でした(>_<)。ですが、ロビーフロアにはたくさんの可愛い椅子があるのでそこで寛ぐ事にします。

 

景色も良く、海も見えて、「南国リゾート」です\(^o^)/\(^o^)/。

f:id:yukibodymake:20170623152822j:image

お昼近くになってくるとかなりの暑さと湿度です(>_<)(>_<)。しかも日本からの服のままなので、湿度に負けて主人はバテバテです。(スコールがあって少しましになりました(>_>))

 

通常のチェックインは15:00ですが、再三の催促のせいか13:00過ぎにチェックインです。

f:id:yukibodymake:20170623152902j:image

ロビーフロア(メインフロア)が5Fで、私達のお部屋は3Fというちょっと変わった作りです。
すごく素敵な広いお部屋です。狭めの「フォレストスイート」を予約したのですが、充分過ぎるくらいの広さです。
今回の旅は「何もしない旅」ですのでお部屋で居ることも多いのですごく良かったです。

f:id:yukibodymake:20170623152935j:image

持ち込んだカップ麺をすすった頃には、すっかりスコールも上がり良いお天気です\(^o^)/。

水着に着替えプールサイドでまったり過ごします(-_-)zzz。

f:id:yukibodymake:20170623153020j:image

何度も言いますが「何もしない旅」です。


「疲れた日常から離れるのも人生には必要な事」だと感じる旅になりそうな気が...(_ _).。o○

ビーチにも行ってみました。

f:id:yukibodymake:20170623153059j:image
ネットの口コミでは、厳しい意見も多かったですが、充分綺麗な海です\(^o^)/。
水温が高いのにはちょっとビックリでしたが...!

その後は、翌朝のテニスの予約を入れ、夕食をいただき、素敵なお部屋でまったりと過ごしました(-_-)zzz(-_-)zzz。

レンタル海外携帯

 

 

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 日本人が行ってみたい世界遺産ベスト3の1つ! 『アンコールワット(カンボジア)』の旅❸

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】

日本人が行ってみたい世界遺産ベスト3の1つ!『アンコールワット(カンボジア)』の旅❸

 

シェムリアップ3日目(最終日)、まずは暗いうちから「サンライズツアー」です。

お迎えのガイドさんと、いったん寝るとなかなか起きてくれないドライバーのお兄さんと共に『アンコールワット』に向かいます。

f:id:yukibodymake:20170911150802j:image
昨日のサンセットと同じ「プノン・バケン」から見る「サンライズ」です。
真っ暗な山道を懐中電灯片手にひたすら登ると、昨日の遺跡に到着。サンセットの時は人混みでその全容が見えなっかったのですが、大きな遺跡です。
サンセットとは反対側から昇るサンライズの手前には『アンコールワット』の勇姿も見えます。

今回の旅の目的『アンコールワットで見る2014年最後のサンセットと2015年最初のサンライズ』達成です。

f:id:yukibodymake:20170929150040j:image

山から降りガイドさんと合流後、ドライバーさんの待つ車に着くも、寝入ってしまって(-_-)zzなかなか起きません(>_<)。
なんとか気付いたドライバーさんの運転でホテルに戻ります。

f:id:yukibodymake:20170929150113j:image
サンライズツアー」もそうでしたが、今日の「プノン・クーレン」と「バンテアイ・スレイ」の観光も私達だけのプライベートツアーのようで、集合時間を少し遅らせて一旦お別れです。

朝食後、チェックアウトを済ませ、荷物を預け、本日のツアーに出発します(^^)/。

「プノン・クーレン」は「アンコール王朝発祥の地」と言われる聖なる山で、途中からは舗装されていない山道を1時間半くらいのドライブです。

f:id:yukibodymake:20170929150153j:image

道中、川底にある遺跡や神秘の湧き水の説明を受けながら、車を降り、さらに階段を降りた先には大きな「滝」が現れました。(今回は階段の昇り降りの多い旅です)
地元の方の遊び場にもなっている滝でたくさんの人がいらっしゃいました。

f:id:yukibodymake:20170929150236j:image

その後、近くにある寺院にも立ち寄り(またここでも階段を昇り)、巨大な「涅槃仏」を観ました。

その後、上がって来た山道を下り途中のカフェでお弁当の昼食休憩です。

休憩後は最後の観光「バンテアイ・スレイ」を訪れました。

f:id:yukibodymake:20170929150320j:image

「バンテアイ・スレイ」はこのカンボジアアンコールワット』の旅で観て来たものとは少し違うレンガ色のレリーフで美しい外観です。(「女の砦」と言われているそうです)
ここも、シェムリアップを訪れた観光客が大型バスで押し寄せる観光スポット(特に午前中)のようですが、私達が訪れた時は人も少なく快適に観て廻ることができました。

f:id:yukibodymake:20170929150402j:image

そして夕方ホテルに到着し、ガイドさん、ドライバーさんとの4人だけのツアーは終了です。

帰りも送迎を手配済みですので、お迎えが来るまでホテルのロビーでまったり過ごします。

その後、空港まで送迎してもらい、帰りもバンコクを経由し深夜便で羽田に朝到着しそのまま伊丹空港に着いて、この旅は終了です。

f:id:yukibodymake:20170929150445j:image


「2014年最後の夕陽と2015年最初の朝陽を『アンコールワット』で拝む」今回の旅も、たくさんの『絶景』と出逢うことができました。

次回また何処かで「最後の夕陽と最初の朝陽」を拝む旅出たいと思います。

f:id:yukibodymake:20170929150539j:image

 

レンタル海外携帯

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 日本人が行ってみたい世界遺産ベスト3の1つ! 『アンコールワット(カンボジア)』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】

日本人が行ってみたい世界遺産ベスト3の1つ!『アンコールワット(カンボジア)』の旅❷

f:id:yukibodymake:20170623155520j:image

シェムリアップ2日目、今日は朝から『アンコールトム』と『アンコールワット』の観光です(^^)/。

集合場所は滞在ホテルではなく、信号を渡ったすぐ近くのホテルのロビーです。
たくさんの日本人で溢れています。(年末年始ですし、人気の『アンコール』ですし、超繁忙期のようです( ̄◇ ̄;))
何台も大型のバスが到着し、順番に出発していきます。個人旅行で来たのに今日は団体で移動です(ToT)。

チケット売り場に到着し各々が必要なチケットを買い、再度バスに乗り込みます。

最初に立ち寄ったのが、最新アトラクション?「気球」です。もちろん高所恐怖症の私達はパスし乗られる方が戻るまで自由行動です。

f:id:yukibodymake:20170623155600j:image

次に『アンコールトム』に入場、本や雑誌でよく見る「巨大な顔」の遺跡です。
大阪人には馴染みのある「京唄子さん」似のお顔もありました。


『アンコールトム』とは「アンコール王朝時代の都市」の意味です。

続いて、『タ・プローム』です。

f:id:yukibodymake:20170623155736j:image
大きなガジュマルの木が遺跡に絡みついています。映画『トゥームレイダー』でも有名ですよね!

ここで一旦昼食休憩で、近くのレストラン(食堂といった方が適当?)で昼食をいただきます。
まぁ日本人の多い事多い事!(老若男女すごくたくさんの日本人が流れ作業の如く、食事を済ませては出て行き、そして次の団体が入って来ます( ̄◇ ̄;)。)

気を取り直して、午後からは、いよいよ『アンコールワット』に入場です(^^)/。

f:id:yukibodymake:20170623155814j:image

大型のバスから少し小さめのバスに乗り換え『アンコールワット』のすぐ前まで...。
石の橋を渡った先があの『アンコールワット』(「アンコール王朝時代の寺院」)です。
日本人はもちろん世界中の国の人達が訪れるアジア屈指の観光地であり世界遺産です。

f:id:yukibodymake:20170623155903j:image

ここでトイレ休憩ですが、ここのトイレを利用する場合トイレ利用料が必要です。25¢ほど(4人で$1)ですが、(カンボジア)紙幣を持っていなかった主人は$1を子供に?渡して用を足したようです。しかしこのトイレ「有料の割に真っ暗で綺麗でもなく...、ご利用の際は注意してください」と主人談(>_<)。

少し話しがそれましたが、『アンコールワット』はさすがにその人気が頷ける壮大な『絶景』です。

世界中からこれだけたくさんの方が訪れるのも納得です。
私達が訪れた日は『第三回廊』にも登ることができるとの事で、その列に並びました。

f:id:yukibodymake:20170623155952j:image
階段が見えてびっくりです。とんでもない急勾配(70度の傾斜のある階段で祀られている神様に失礼がないように自然に足が下がる構造になっているそう)で、ほぼ梯子状態に渋滞の列、不安に襲われる私、腹を決め登ることに...。(結果、登って良かったです(^^)/)

f:id:yukibodymake:20170623160035j:image

そうこうしていると、夕日の時間が迫っているみたいで、ガイドさん共々ダッシュで『アンコールワット』を退場し、大急ぎでサンセットスポットの「プノン・バケン」の山頂を目指します。


山道を登りきったところに遺跡が現れ、そこにまたまた急な階段が(しかも幅も狭く足が全部は乗りません)あり、登った先が有名「サンセットスポット」のようです。(ここもすごくたくさんの人でごった返していました)

 

綺麗なサンセットに大満足も、登って来た道を降りなければなりません。

一日中観光で歩き回り、最後にこの山道と急な階段、さすがにきついですね!
ガイドさんが待つところまで降りて来た頃には、夕日はすっかり沈み暗くなっていました。

その後バスを乗り換えホテルへ、ここでもやはり大渋滞でしたが、私達の滞在していた『ソカアンコールリゾート』は比較的近かったみたいです。

 

一度お部屋に戻った私達でしたが、お腹もさほど空いていないので、歩ける範囲で街に繰り出すことにしました。
今日は大晦日(12/31)で、街もすごい人です。


あまりの人の多さに平常心を失くしていたのか、買い物をした一つ目のお店で値切り交渉するのを忘れてしまいました。(後で主人に言われ「そう、ここはアジア!」と気持ちを引き締めました)
そのせいか、二軒目のお店ではきっちり交渉(お兄さんがちょっと気の毒なくらい)し、「アリババ」と言われるパンツを2つゲットしました。


年末で人で溢れている街で食事する気になれず、ホテルに戻り夕食を食べることにします。

ホテルでもやはり年末のイベントのようで、プールサイドまで全てが、大きなブッフェレストランに変わっていました。

f:id:yukibodymake:20170623160310j:image
ブッフェが苦手(朝食ブッフェは大好きです)な私達ですが、滞在されているいろんな国の人達と「ニューイヤーパーティ」で、ライブ演奏も行なわれています。

f:id:yukibodymake:20170623160346j:image
カウントダウンが始まり、花火とともに「HappyNewYear\(^o^)/」で2015年を迎えました。(-_-)zzz。

 f:id:yukibodymake:20170623160248j:image

レンタル海外携帯