世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ

海が好き!山が好き!素敵な街。旅には、素敵な出会いがいっぱいです!

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 マイルでお得に第2弾、アジアの摩天楼!『香港』の旅

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】

マイルでお得に第2弾、アジアの摩天楼!『香港』の旅

f:id:yukibodymake:20170629152200j:image

2012年10月、今回はまたまたマイルを利用して2泊3日の『香港』旅行です。
『香港』には今回が2回目の渡航で、滞在ホテルは「シェラトン香港ホテル&タワーズ」です。

関西空港を午前中に出発し約3時間30分、お昼過ぎには『香港』に到着です。

やっぱり近いのは楽ですね〜!


空港から九龍まで電車移動し、そこから各ホテルを廻る無料のシャトルバス(ホテルによりルートが違います)に乗り、無事「シェラトン香港」に到着です。

場所はあのペニンシュラホテルの道を挟んだ隣で、ハーバーにもすぐの好立地です。

f:id:yukibodymake:20170629152225j:image

チエックインもスムーズに済み荷物を置いて、さあ何処へ⁇
実は今回、急に決めた『香港』(マイルの消化の為もあって)旅行で、全くのノープランです(^_^;)。

とりあえず、前回(かなり前ですが)行っていなかった『女人街』と『男人街』方面へ...。

すごくたくさんの人に疲れ気味の主人、「マンゴースムージー」で一休みです。

f:id:yukibodymake:20170629152300j:image

ジャッキーチェンの映画(香港映画)でよく見る風景です。(これも『絶景』?)

気をとりなおして、『女人街』の散策スタートです。

やはり活気と人混みに圧倒され気味です(この頃の日本は不景気のど真ん中って感じでしたのでかなり違います)。
そして勢いに負けて?何故か鞄と靴を購入。

後々考えれば、要らなかったし値段も高かった(値切り交渉も失敗?)ように思いました。

(着いたばかりで金銭感覚もズレていたかも?)

f:id:yukibodymake:20170629152933j:image

このままぶらぶらするのもどうかと思い、ちょっと早目の夕食にします。

お店もたくさんありますし、お値段も手頃です。

という事で、中華料理(麺と餃子と他数品)のセットメニューを頂きました。

「食事はやっぱりアジアが美味しいよね!」と改めて再確認する私達でした。

 f:id:yukibodymake:20170629152339j:image

辺りも暗くなり、ますます香港映画のようなネオン街が目の前に広がります。(『絶景』?)

そのまま『男人街』に進んで行きます。

食事の後、冷静さを取り戻したのか?目には止まっても購入には至りません。

この当時、興味のあった『漢方』のお店にも立ち寄り少しだけ購入しました。

その後、ホテルに戻り本日終了です*1..zzzZZ。

f:id:yukibodymake:20170629153021j:image
香港2日目です。

今日は地下鉄を利用して「香港のお寺」に行くことにしました。

まずは腹ごしらえに朝食です。

時間も早いですが、ガイドブックで調べた早い時間から開いているお店に行くと、

すでにたくさんのお客さんで賑わっています。(中国本土?からの人達が大型バスで朝食に来ていたようです)

その後、お寺の観光です。

ここにも団体のツアー客(中国人)がたくさん来られています。

f:id:yukibodymake:20170629153245j:image

一通り見終わった頃、主人が「サングラス忘れた!」と...。

どうも朝食を頂いたレストランに忘れたようです。(お気に入りだったので、かなり落ち込んでいます)
レストランの場所はホテルの近くなので、駄目元で帰りに寄ることにして、そのまま香港島の方に行くことにします。


香港島の大きなレストランで「飲茶」の遅めの昼食です。

 f:id:yukibodymake:20170629153401j:image

夕方までぶらぶらして九龍半島に戻り、まずは朝のレストランへ。

またまたよく混んでいて聞きにくい様子ですが、意を決して尋ねると、(ぶっきらぼうでしたが)置いていてくれました。お礼を言ってお店を出ました(お忙しいのにすいませんでした〜!)m(_ _)m。

 

ホテルにあるショップがセールをしていたので少しだけお買い物をし、その後ハーバーで毎日行われている「光のショー」を何年ぶりかに見て、またまた街に繰り出し夕食を頂き、そしてホテルに戻りました*2..zzzZZ。

f:id:yukibodymake:20170629154247j:image

香港3日目(最終日)、朝は朝食がてら街をぶらぶら、新しく出来たショップやモールを散策後、チェックアウトして、九龍の駅にシャトルバスで向かいました。

九龍駅には空港のチェックインカウンターがあり、そちらで荷物を預けます。(混雑もなくとても便利です)

f:id:yukibodymake:20170629154251j:image
そしてそこにも大型のショッピングモールができていましたので、しっかりウィンドショッピングをし、昼食もそこで頂いてから空港に向かいました。(この間荷物を持たなくて良いのはすごく楽でした)
空港でもチェックインは済んでいるので、気楽にぶらぶらできました。

夕方、無事関空に到着し、今回の旅も終了です。


久しぶりの『香港』はどんどん新しい建物ができていて、活気もある大都市を感じました。
しかし、私達の求める『絶景』は、ソウルや香港ではないことも再認識した旅となりました。

 

 

 

 

 

*1: _ _

*2: _ _

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 アボリジニの聖地!『ウルル&カタジュタ』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】

アボリジニの聖地!『ウルル&カタジュタ』の旅❷

f:id:yukibodymake:20170624213342j:plain

『ウルル&カタジュタ』の旅、2日目です。

本日早朝からサンライズのツアーに参加ですので、まだ真っ暗なうちに起床です。

冬の砂漠の朝はめちゃくちゃ寒いです(>_<)。

f:id:yukibodymake:20170624213431j:plain

『ウルル』のサンライズツアーにはヘリコプターから見るツアーやハーレーに乗って見に行くツアー、そしてラクダに乗って見るツアーなどいろんなツアーがあるんですが、主人がチョイスしたのは、「ラクダに乗ってサンライズを見るツアー」でした。

f:id:yukibodymake:20170624213521j:plain

ツアーの女性(日本人)のお迎えでラクダの牧場?に行きラクダ達とご対面です。昨日の『カタジュタとウルル』のツアーは日本人ばっかりでしたが、今日のこのツアーは全て欧米人で日本人は私達とガイドさんだけです。

2人1組で一頭のラクダに乗り列になっていよいよツアーの始まりです。

持ってきた防寒着全てで完全フル装備ですが、かなり寒いです。

f:id:yukibodymake:20170624213624j:plain

私達の前のラクダに乗っていたのは欧米人の親子でしたが、5〜6歳?の女の子があまりの寒さに泣いちゃってます。

欧米人ですからやはり薄着というか手袋も無く薄手のアウターだけです(お母さんは大丈夫そう!)。ツアー会社の女性スタッフが女の子に手袋を貸してあげましたが限界みたいで女の子だけツアーから離脱です。

f:id:yukibodymake:20170624213706j:plain

ラクダが丘陵地帯を進んで行くと、『ウルル』と反対側には遠いですが『カタジュタ』も見えてきます。

少しずつ明るくなってきて、いよいよ『ウルル』にも陽射しが当たりだします。

f:id:yukibodymake:20170624213814j:plain

『ウルル』と「サンライズ」と「ラクダの列」、なんとも言えないポストカードのような『絶景』です\(^-^)/。

f:id:yukibodymake:20170624213919j:plain

寒さも少し和らいできた頃、「ラクダに乗ってサンライズを見るツアー」は終了し、厩舎に戻ってきます。

f:id:yukibodymake:20170624213958j:plain

待合ラウンジスペースには軽食と温かいコーヒーと紅茶のサービスがありました。そしてあの寒くて泣いてしまって先に戻っていた女の子が、ツアー客にコーヒーのサービスをしています。(とっても可愛いです!)

f:id:yukibodymake:20170624214034j:plain

ホテルに戻り、チェックアウトです。

実は2泊といっても『エアーズロック』では1泊だけで、ケアンズで乗り継ぎの為に1泊する、正に超弾丸の行程です。

f:id:yukibodymake:20170624214127j:plain

お昼頃のフライトでケアンズに向け出発し、夕方前に到着し、タクシーで宿泊ホテルの「プルマンリーフホテル&カジノ」に到着です。

チェックインを済ませお部屋に入ると、とても素敵なお部屋で大感激です。

しかもチョコレートとシャンパンまでサービスで頂きました。

1泊だけではもったい感じです!

f:id:yukibodymake:20170624214210j:plain

とりあえず着替えを済ませ、夕食を兼ねてケアンズの街に繰り出します。

同じオーストラリアでもケアンズは全く寒くありません(どちらかというと暖かいくらいです!)。


街中をぶらぶらした後、日本のガイドブックにもよく掲載されている「カニーズ」というシーフードレストランに行きました。

シーフードフリッターの盛り合わせを注文したのですが、とんでもない量にびっくりです(欧米の洗礼!)。さすがに2人がかりでも食べきれず残しちゃいました。

が、周りの欧米人達はビッグサイズのお肉とシーフードのプレートをペロッとたいらげていました。

そしてその日は、地元オーストラリアのラグビーの試合があったようで、パブリックビューイングやスポーツバー、カジノでも大盛り上がりでした。

ケアンズの街をぐるっと散策した後、素敵なお部屋に戻って寛ぎました*1..zzzZZ。


翌朝も朝早く目が覚め、ハーバー沿いにあるカフェで朝食頂きました。このハーバーから世界遺産の『グレートバリアリーフ』に行く船が出ています。

その後、お昼頃のフライトで関西空港に向け出発、夜に到着し今回の旅は終了です。


『地球のへそ』と言われるオーストラリア『ウルル&カタジュタ』の旅は、本当に『絶景』の宝庫でした。また機会があれば是非訪れたいと思う場所です。

f:id:yukibodymake:20170624215107j:plain

*1: _ _

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 アボリジニの聖地!『ウルル&カタジュタ』の旅❶

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】

アボリジニの聖地!『ウルル&カタジュタ』の旅❶

f:id:yukibodymake:20170624211453j:plain

2012年7月、2泊4日の弾丸旅行でオーストラリアのエアーズロックを訪れました。

ジェットスター航空関空からケアンズを経由してエアーズロックまでの個人旅行です。

しかも初日の出発は夜で実質3日間という、ツアーでは考えられないような日程に私はビックリです。(本当にこんな日程で行けるのか?不安いっぱいです!)

f:id:yukibodymake:20170624211552j:plain

関空から約7時間、ケアンズ到着はまだ暗い早朝です。

(しかも南半球のオーストラリアは冬です。赤道に近いケアンズはそんなに寒くはないですが...。)国内線空港に徒歩移動しチェックインカウンターに行くも閑散としています。
エアーズロックへの飛行機も人は少なく、スムーズに到着しました。


外は綺麗な青空です。

小さな空港でタラップを降りると寒いです!

見た目の天気とは違い冷え込んでいます。

駆け足で空港ターミナル?に急ぎます。(ダウンジャケットは持ってきていましたが、7月なので薄着のまま着いてしまいました!)

f:id:yukibodymake:20170624211655j:plain

空港からはバスで移動なのですが、ガイドブックに書いてあったカウンターには人がいないのでそのまま荷物を運転手さんに預けバスに乗り込みます。(システムが変わっていて無料になっていたみたいです。)15分位で今回の滞在ホテル『セイルズ・イン・ザ・デザート』に到着です。

f:id:yukibodymake:20170624211739j:plain

まずは、寒さ対策の為に着替えです。プールの奥の更衣室で着替えるように言われたのですが、ここもすごく寒かったです>_<。

 

エアーズロックのホテルはこの一帯にかたまっていて、ここからツアーに出るのが一般的な楽しみ方のようです。

そこにはインフォメーションセンターはもちろん、スーベニアショップやカフェ、スーパーマーケット、ブックストアに郵便局まで一通り揃っています。

 

まずはカフェで腹ごしらえをし、いつものように周辺の散策をします。

f:id:yukibodymake:20170624211901j:plain

赤土の砂漠と澄みきった青空のコントラスト、最高に癒やされます。陽射しは強いので朝のような寒さもなく快適です(^^)/。(女性は日焼け対策を入念に!)

午後になり、チェックインを済ませます。

エアーズロック』が遠くに小さく見える素敵なお部屋です。

 

少し部屋でまったりした後は、『ウルルとカタジュタ』を巡るツアーに参加します。

f:id:yukibodymake:20170624212002j:plain

大型のバスでお迎えがあり、まずは『カタジュタ』に向かいます。

日本人のみのツアーのようで、どこにこんなにたくさんの日本人がいらっしゃったのかと思うほどです。

ガイドの日本人男性も少しマニアックでお話しが面白かったです。

f:id:yukibodymake:20170624212102j:plain
バスが止まり、いよいよ『カタジュタ』の中に脚を踏み入れます。

ちょっとしたハイキングコースのような道を進みながら『カタジュタの絶景』を観て廻ります。

このオーストラリアの青空は全ての絶景を一段と素晴らしいものにしていますね!

f:id:yukibodymake:20170624212216j:plain

実は私達は寒いところに行く旅ってした事がないのですが、何故今回『冬のエアーズロック』を選んだかというと、春〜秋のシーズンは『蝿」が大量発生するとガイドブックに書いてあったからです。

しかも砂漠の『蝿』は水分を求めて人に集るらしいのです( ̄◇ ̄;)。

(確かにドバイの蝿も集ってきた!)

『寒さ』か『蝿』で悩んだ結果、冬のエアーズロックをチョイスすることにしました。

f:id:yukibodymake:20170624212351j:plain

続いて向かったのが、アボリジニの言葉で『ウルル』と言われる『エアーズロック』が正面に見える絶景スポットです。

そこにはシャンパンと軽食が用意され、『ウルル』の色を変えながら沈んで行くサンセットを眺めるベストポイントのようです。

f:id:yukibodymake:20170624212431j:plain
だんだんと陽が傾いていくと赤から紫へと変化していきます。すごく幻想的な絶景で、『ウルル』の壮大さを感じます。

f:id:yukibodymake:20170624212549j:plain

太陽も完全に沈み、辺りも暗くなってきた頃この宴も終わりです。バスに乗り込みホテルに戻ります。

今回の旅では星空も期待していましたが、月明かりが明る過ぎて(^^;)星空はあまり見えませんでした。


明日は早朝から、『ウルル』のサンライズですので早めに寝ましょう*1..zzzZZ。

 

Wifiレンタル

*1: _ _

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 マイルでお得に!『韓国、ソウル』の旅

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】

マイルでお得に!『韓国、ソウル』の旅

f:id:yukibodymake:20170613141824j:plain

2012年5月、今回の旅の行き先はANAのマイルが貯まったので、それを利用しての2泊3日の『ソウル』です。

日曜日の仕事を終えて(17:00までお仕事)そのまま車で関西空港へ向かいます。
ANAスターアライアンスパートナーのアシアナ航空で、ソウル(金浦空港)まで2時間のフライトです。(近いってとっても楽ですね〜!)

到着はもうすっかり夜ですので、タクシーでホテル「ザ・プラザ」に直行します。(モダンな感じの高級ホテルです!)

初日は移動だけで*1..zzzZZ。

f:id:yukibodymake:20170613141842j:plain
ソウル2日目、まずは朝食です。
目指すは「お粥」のお店、明洞の街はまだ眠っている感じですが「お粥」屋さんはしっかりオープンしていました。私は「黒ごまのお粥」、主人は「鶏肉のお粥」を注文しました。結構な量でしたが、2人共ペロッと美味しく頂きました。

食後は、散歩と下見を兼ねて「南大門市場」へ...。

朝早くから呼び込みのお兄さんもたくさんいらっしゃいます。

(しかも日本語で、値札もウォンと円で表示!)
一旦ホテルに戻り、地図を確認しながら今日の予定を考えます。

ということで、まずは地下鉄に乗り「東大門市場」へ行きました。

(ソウルの地下鉄はわかりやすくてとても便利です。)

f:id:yukibodymake:20170613141833j:plain

靴屋さんがひたすら続くストリートやよくわからない市場?に迷い込んだ後、東大門の中心らしきところに到着です。

つい先日知り合いの方が行ってきたとおっしゃっていたデパート?に行くと、ここでも「コ○ー商品」の呼び込みです。

しかもカタログを持ってやっぱり日本語で話しかけてきます。

知り合いの方も言われていましたがかなり高性能のコ○ー商品は、なかなか実物を見せないみたいです。Tシャツ(コピーじゃないですよ!)を何枚かとLV風のスカーフをゲットし、東大門から明洞に移動します。

f:id:yukibodymake:20170613141850j:plain

明洞の街も朝とは大違いで、すごくたくさんの人で賑わっています。

日本人の方もたくさんいらっしゃいます。

ぐるっと一回りし、人混みに疲れたので一旦カフェで充電します。

(この当時の明洞は日本人がいっぱいで、屋台のお兄さん達も日本語で対応されていました!)

 


とりあえず、韓国に来たならとコピー商品を数点ゲットし、本日夜のマッサージの予約をした後今晩の夕食です。

明洞の焼肉屋さんでカルビ&ビビンバを頂きました。

 

その後、再び明洞を歩き廻りさらにコピー商品をゲット(ポリスステイションの前で堂々とコピー商品を売っているのにはちょっとビックリです!公認?)し、予約時間になったのでマッサージに向かいます。

 

まずは足浴からスタートですが、ここでおばさん2人登場で主人を取り合い⁉︎(何なんでしょう?)、そしてマッサージスペースに連れて行かれ、マッサージが始まりますが、おばさん2人はずっと喋りっぱなしで全く集中していません。主人いわく左右でする事は違うし、とにかく扱いが雑で途中から面白くなって笑ってしまったと...。(私の方は少しマシだったかも?でもこれも韓国らしいと言えば韓国らしいのかも?)そして施術後はホテルまで送ってくれるというので、ちょっと待っていると、お店を閉めてお客さんのおば様(日本人)2人と運転手さん、そしてオーナーらしきおばさんと一緒に送迎です。(待たされていたのはオーナーの閉店作業待ちだったんですね!韓国です⁉︎)

ホテルに戻ってからは、韓国の洗礼?で盛り上がって眠りました*2..zzzZZ。


ソウル3日目(最終日)、まずは近くのカフェで朝食です。
今日は夕方の便で帰国ですが、まだまだ時間はあります。とりあえず「南大門」を観に行き(観光1)、そのまま再度「南大門市場」へ…。ナッツとかドライフルーツを買ってぶらぶらしているとやはり日本語で呼び込みですが、主人に「革ジャンあるよ」ってあちこちからお声がかかります。5月でこの暖かさでは見る気にもならないと完全無視を決め込んでいました。

そして、チェックアウトと荷物を置きに一旦ホテルに戻ります。するとホテルの近くのお寺?のようなところで民族舞踊のような催しがあったので、それを観に行きました(観光2)。

その後は、ロッテ免税店(定番です)でぶらぶら、こちらもたくさんの日本人で賑わっていました。(主人は香水を買ったのですが、金浦空港の免税品受け渡しカウンターに行くと何故か商品が届いておらず、調べると仁川空港に送られたみたいです(韓国っぽい?)。仕方ないのでキャンセルの手続きをお願いして、結果何も買っていないことになりました。)
隣接するロッテ百貨店で「参鶏湯うどん?」の昼食を頂き(主人的にはこれが一番美味しかったそうです)、ホテルに戻り、タクシーで金浦空港へ...。


今回はマイルを利用しての、急遽訪れた韓国旅行でしたが、2泊3日(実質1日半)でも十分楽しめたと思います。

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

 

*1: _ _

*2: _ _

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 ウォルト・ディズニー・マジック!『フロリダ、ディズニーワールド』の旅❸

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 ウォルト・ディズニー・マジック!『フロリダ、ディズニーワールド』の旅❸

f:id:yukibodymake:20170613135912j:plain

『ディズニーワールド』3日目。
一応4パーク制覇した私達ですが、もちろんまだまだ遊びます。

時間が重なって観れていないショーを中心に、お気に入りのアトラクションにも再度訪れ『4つのパーク』を満喫します。

何度体験しても、飽きずに愉しめるのがディズニーの本当の素晴らしさなのかもしれません。

f:id:yukibodymake:20170613140010j:plain

1番早くオープンする『アニマルキングダム』から最後に花火で締める『エプコット』まで、時間いっぱい廻ります。

そして最後は深夜まで営業の『ダウンタウンディズニー』で食事とお買い物です。

食事はやはり大味でツライですが、そこは期待せずに『ディズニーワールド』をギリギリまで堪能しホテルに戻ります。

*1..zzzZZ。

f:id:yukibodymake:20170613140104j:plain

『ディズニーワールド』4日目(最終日)は、お昼頃の出発ですのでパークには行かずに(チケットを買うのはチョット高くつき過ぎるので)ホテルの中で過ごします。

f:id:yukibodymake:20170613140222j:plain

お部屋から見えるサバンナの景色を眺めてのんびりしたり、敷地内にはプールとジャグジーもあり、私達はジャグジーで足湯をしたりしていました。

f:id:yukibodymake:20170613140317j:plain
パークに行くとなると目一杯行きたいので、ゆっくりホテルを散策することがなかったのでちょうど良かったかなと思います。

ホテル内にもスーベニアショップがあります(パーク内で買った物をここで受け取ることができます)ので時間をもて余すこともありません。

f:id:yukibodymake:20170613140404j:plain

その後、大量の自分達へのお土産をパッキングし、チェックアウトです。
空港までは来た時と同じディズニー専用のバスで移動です。
空港内もしっかりディズニーワールド?です。

 

帰りのフライトはLA経由(LA深夜発羽田早朝着)です。

 

LAからのフライトで、次のハプニング(4つ目)が......。

搭乗が済み滑走路に動き出した頃、真後ろの席からとんでもない「イビキ」(爆音です)が始まりました。

CAさんもビックリしてますし、横の席の男性は水平飛行になるとすぐに席の移動をされていました。(横の席が空くとさらに脚を上げ、時々シートを蹴ってきます。最悪です!)何度もCAさんには謝られ、挙句に耳栓まで渡されましたが、主人はほぼ一睡もできなかったみたい(私は寝ましたが...)でした。

 

そして羽田から伊丹への最後のフライトで、またまたハプニングです。
出発間近に機内アナウンスで主人が呼ばれ、一旦飛行機から降りていきます⁇主人のスーツケースの中に、お土産で買った「おもちゃの銃(パイレーツ風)」が入れてあったことが問題になり、荷物の確認の為降ろされたんだそうです。オーランドもLAもクリアしているし、見るからにおもちゃなのに日本は...!警察官立会いの下確認した結果、当然問題無かったんですが、今後はこういう類のものはお土産にしてはいけないと再認識です。さらに問題無しにもかかわらず伊丹空港で荷物が出てきたときには「危険物」のテープが巻かれたままで結構恥ずかしかったです。(問題無しならはずしてくれても良いのにね!)


今回の『ディズニーワールド』の旅は、相変わらずの強行長時間移動でしたが、とても楽しめました。本当にビックリするくらい小さなハプニングが連発しましたが、また機会があれば行ってみたいと思える、人類が造った『絶景』でした。

f:id:yukibodymake:20170613140519j:plain

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

*1: _ _

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 ウォルト・ディズニー・マジック!『フロリダ、ディズニーワールド』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 ウォルト・ディズニー・マジック!

『フロリダ、ディズニーワールド』の旅❷

まずは、今回の第1の目的『アニマルキングダム』へ。

f:id:yukibodymake:20170613132727j:plain

入口でショーの時間などが記載された用紙とパークマップをゲット(これは各パークでゲットします)し、『キリマンジャロサファリ』に直行です。

パークの中の一つのエリアとは思えない、本当のサバンナのよう(行ったことはないですが...)です。まさにディズニーマジックです!

f:id:yukibodymake:20170613133229j:plain

日本のTDRとは違いそんなに長い待ち時間もなく、スムーズにアトラクションを楽しむことができます(「エクスペディションエベレスト」という絶叫系ライドだけは長い列でしたが私は元々乗れませんので...)。

f:id:yukibodymake:20170613133359j:plain
そしてショーの時間になり、『フェスティバル・オブ・ライオン・キング』の無料ショーを観ます。

f:id:yukibodymake:20170613133459j:plain

前回のシンガポールでは「ライオンキング」のミュージカルを観ましたが、短時間(30分くらい?)の無料ショーとは思えないクオリティです。

f:id:yukibodymake:20170613133556j:plain

シルクドソレイユのようなアクロバティックな演技もあり、ある意味こちらの方がすごいかも!(ミュージカルが苦手な主人はこちらが絶対お勧めと言ってました(^^;))。

f:id:yukibodymake:20170613133625j:plain

一通り楽しんだら、次のパーク『エプコット』へバスで移動です。

f:id:yukibodymake:20170613130744j:plain
パークごとにオープンとクローズの時間が違うので滞在の短い私達は効率良く回る必要があります。(オフィシャルホテルにはその日のパーク毎の営業時間が書かれた案内が置いてあるので、念入りに計画を立ててください。)
こちらのパークも混雑はなくゆっくり楽しめます。

日本と大きく違うのは、1番行列ができているのが「キャラクターグリーティング」だということです。

f:id:yukibodymake:20170613130855j:plain

f:id:yukibodymake:20170613131043j:plain

パークが閉まるまで目一杯遊び廻り、本日の夕食は簡単に済ませます。

全てのパークが閉まってもディズニーワールドはまだ眠りません。

f:id:yukibodymake:20170613134001j:plain

ダウンタウンディズニー』は深夜12:00まで営業しているので、私達もそちらに向かいます。スーベニアショップやレストランがあり、私達と同じように移動してきた人達で賑わっています。

f:id:yukibodymake:20170613134052j:plain

今日はまだ初日なので、買い物はせずに下見に徹します。
お店が閉まるまでぶらぶらしてバス停に戻ると『アニマルキングダム』行きの最終バスが着きもうバスに乗り込んでいて夜中にダッシュすることに...。

そんなこんなの初日でしたが、無事終了です*1..zzzZZ。

 


アニマルキングダム』2日目は、素晴らしいサンライズと動物達とのご対面からスタートです。

f:id:yukibodymake:20170613131136j:plain


窓を開けバルコニーに出るとそこには、キリンやシマウマ、ガゼルがあちこちで草を食しています。「やっぱりディズニーってスケールが違う!」と改めて感じさせられました。

f:id:yukibodymake:20170613131206j:plain

朝食もサッと済ませて、残り2つのパークを攻略です。

 

まずは、『マジックキングダム』です。

ここは日本のTDRでいうディズニーランドです。

f:id:yukibodymake:20170613131300j:plain

 

オーランドのシンデレラ城は世界のディズニーランドの中で1番大きくて高さも高いそうです。

このお城を利用した夜のプロジェクションマッピングのショーは圧巻ですよ〜!

 


そしてこの旅のもう一つの目的(主人だけですが...。)

カリブの海賊』に...。

f:id:yukibodymake:20170613131833j:plain

パイレーツオブカリビアン』大好きの主人によるとこのアトラクションの中に、ジャック・スパロウとバルボッサが登場するらしく(現在はTDRにも出ています)、わざわざオーランドまでやって来た理由の一つらしいです。

f:id:yukibodymake:20170613131927j:plain

その隣にある美容室でもキャラクターメイクをしようか?と言っていましたがさすがにおっさんだけでする勇気はなく断念します。

f:id:yukibodymake:20170613131959j:plain

その代わり?スーベニアショップで大人買い!(ここにも後にトラブルに発生する要因が...。)

f:id:yukibodymake:20170613132110j:plain


自分へのお土産を大量買し(ホテルに届けて頂けます)、出てくるとジャックのそっくりさんによるちょっとしたショーもあり大満足のようです。

f:id:yukibodymake:20170613132040j:plain

続けて『ディズニー・ハリウッドスタジオ』へ行きます。

f:id:yukibodymake:20170613132254j:plain

 

f:id:yukibodymake:20170613132430j:plain
このパークで観た『美女と野獣』のステージショーが私はお気に入りでした。

f:id:yukibodymake:20170613132832j:plain

残念ながら私の大好きな『インディジョーンズ』のアトラクションは休演中でしたが、他にも迫力満点のスタントショーなど、本当にディズニーは楽しい事ばかりですね〜!

f:id:yukibodymake:20170613132353j:plain

この2日間で、4つのパーク(可能なアトラクションやショー)をほぼほぼ制覇した私達、実はほとんどまともな食事をしていません。

(食欲よりも遊び重視です!)レストランもパーク内やホテルは数に限りがあり、予約しないとなかなか入れないようです。


そして、楽し過ぎてお腹も空かない?みたいです。


という事で今日の夕食は、『ディズニー・ボードウォーク』にあるレストランで頂きます。それにしても大味(アメリカン)な食事に飽きてきている私です。

そうですこれが今回三つ目のつまづきです。

 

海外での食事はそんなに期待していないのですが、予約せずに遊び呆けていた私達は、ハンバーガーやサンドイッチなどばかり食べていかなり辛かったです。

f:id:yukibodymake:20170613133133j:plain

次回来ることがあれば、何か(しょうゆ味の物)持って来るようにしようと思いました。皆さんもそうされた方が良いと思います(予約すればいろんなレストランがあるので大丈夫ですが...)。

 

とりあえず、明日が実質最終日ですので今日はこれくらいに*2..zzzZZ。

f:id:yukibodymake:20170613132626j:plain

 

 

 

 

 

 

 

*1: _ _

*2: _ _

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 ウォルト・ディズニー・マジック!『フロリダ、ディズニーワールド』の旅❶

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】

ウォルト・ディズニー・マジック!『フロリダ、ディズニーワールド』の旅❶

f:id:yukibodymake:20170613125644j:plain
2012年2月、今回はフロリダのオーランドにある『ディズニーワールド』3泊6日の旅です。

実はテーマパークが大好きな私達、主人がテレビで見て行こうと決めた行き先が、『ディズニーワールド』にある『アニマルキングダム』です。

f:id:yukibodymake:20170613134402j:plain

 航空券は何時ものようにANAのサイトで探し、個人旅行で初のアメリカ東海岸までの旅です。


しかし、今回の宿泊先は『アニマルキングダム』に決めているのですが、ホテル予約サイト(日本語対応)ではヒットしません。

ディズニーのオフィシャルサイト(英語のみ)からしか予約が出来ないようです。

f:id:yukibodymake:20170613134453j:plain

ネットでのしかも英語でのやりとりに不安を感じながらも、行くしかないと主人は決断し決行です。

スタートからつまづくことの多い旅になるとは思いもせず、今回も伊丹から成田経由で出発します。 

f:id:yukibodymake:20170613134532j:plain

無事1回目の乗り継ぎを終え、次の目的地はアメリカのワシントン空港です。

ここで一つ目のハプニングが...、

搭乗していた中国人が座席の変更を訴えCAさんの言う事を聞き入れません。

(CAさんは安定飛行になったら座席の変更を受け付けると言っているに...。)

その事で出発が少し遅れ間が悪いことに小型の飛行機が私達の乗る飛行機の前に。

当日は風が強く(私達の乗る大型機は大丈夫なのですが)小型機は離陸出来ず待機になりました。そのまま1時間以上滑走路待機が続きました。

やっと飛び立つことが出来た時には、定刻よりかなり遅れていて、ワシントンで2回目の乗り継ぎがある私達もちょっと不安なままのフライトのスタートです。

f:id:yukibodymake:20170613134614j:plain
今回の座席は非常口席(CAさんの真ん前)でしたので、途中CAさんが着席された時に、乗り継ぎがある事を伝えると、確認しますとの事でした。CAさんからの回答は「次のフライトがユナイテッド航空ですので、乗り継ぎはなんとかなる(大丈夫)でしょう」でした。

f:id:yukibodymake:20170613134650j:plain
ワシントンの空港は大きい上にアメリカの入国審査は時間もかかります。

預け荷物も一旦引き取り税関チェックもあります(本当に迷惑な中国人です)。

当然私達以外にももっとタイトな乗り継ぎの方もいらっしゃるでしょうし...。
ですが、思ったより早くワシントン空港到着です。

私達は大丈夫でしたが、空港職員さんに呼ばれ走っている方もいらっしゃいました。

入国審査、通関を終え次のフライト、オーランド便にも無事間に合いました。

そしてオーランド空港到着です。

f:id:yukibodymake:20170613134806j:plain
空港はすでにディズニー仕様でテンションが上がってきました!

ここからディズニーワールドまではディズニーオフィシャルホテル宿泊者専用のバス(もちろんディズニー一色で窓はミッキーマウスです)で移動しますが、このチェックイン時にスタッフさんの顔が⁇になっていました。

 

 

それでも、無事に今回の旅の目的地『ディズニーアニマルキングダム』ホテルに到着です。(遠かったです!)

f:id:yukibodymake:20170613134906j:plain

そしてチェックインしようとすると二つ目のハプニングです。

 

 

ホテルの予約が取れていないと言われます。

 

ホテルから送られてきたページ(プリントしたバウチャー)を見せるもやはり「not booking」?です(帰国後確認すると最終のメールが予約の確認ではなくリコンファームの要請だと判明=主人のミスです)。仕方がないので、今から部屋が取れるか尋ねると閑散期のようで即OKで、事無きを得ました。

f:id:yukibodymake:20170613135000j:plain


いろいろありました(^^;)が、目的どおりサバンナビューのお部屋です。

f:id:yukibodymake:20170613130046j:plain


ウォルト・ディズニー・ワールド』は4つのテーマパークがあります。

(TDRがランドとシーの2つあるように...。)

 

いわゆるディズニーランドの『マジックキングダム』、アジアやアフリカをテーマに本物の動物達に出会える『アニマルキングダム』、華やかなショーが愉しめる『ハリウッドスタジオ』、近未来的なエリアと世界11ヶ国の文化が味わえる『エプコット』です。

f:id:yukibodymake:20170613135103j:plain

 

f:id:yukibodymake:20170613135208j:plain

 

f:id:yukibodymake:20170613135303j:plain

 

f:id:yukibodymake:20170613135407j:plain
そしてショップやレストランのある『ダウンタウンディズニー』と『ディズニーボードウォーク』、そして2つの『ウォーターパーク』、そしてそれぞれにコンセプトの違う『ホテル』、本当に広い敷地にとてつもない夢の世界があります。

f:id:yukibodymake:20170613135623j:plain

空港からの道路にディズニーワールドのアーチがありそこから全てが『ウォルトディズニーワールドリゾート・オーランド』なんです。

ホテルから各施設へのバスやその他の乗り物は全て無料(パークチケットに含まれている?)ですから移動も簡単です。

本当に敷地が広いので1つ1つのパークは離れています。

(注意しなければいけないのは、ホテルからホテルの移動は出来ず、一旦どこかのパークを経由することです。)

f:id:yukibodymake:20170613135725j:plain

 到着後は(寝不足と長時間の移動の疲れはありますが)早速パークに出かけます。
なぜなら、パークは4つあるのに滞在できるのは3泊で今日を入れて3日しかない(4日目はお昼頃の出発です)からです。

でも絶対全て制覇しますから.........。

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】