世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ

海が好き!山が好き!素敵な街。旅には、素敵な出会いがいっぱいです!

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 地球のパワーを感じるビッグアイランド!『ハワイ島』の旅❸

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 地球のパワーを感じるビッグアイランド!『ハワイ島』の旅❸

 

f:id:yukibodymake:20180914105203j:image


今回の旅のハイライト、「星空観測とマウナケア山サンライズ」ツアーのため、午前1時に起床です。(なかなか寝付けなかったり、台風21号のことで日本から電話があったりであまり眠れませんでした^_^;)

 


標高4205m、富士山よりも高いところに行くので、ハワイといえど(しかもサンライズ直前が一番冷え込みます)防寒が必要です。

 


身支度をして、ピックアップタイムの2時10分より少し早い(1時50分頃)けど、ロビーに降りておこうかとした時に電話がかかってきました。

ツアーガイドさんからの電話で、「集合時間が過ぎています」との事??

ホテルにチェックインした後に、確認の電話をしたのに、集合時間が1時50分に変更になったと告げられ、慌ててロビーに向かうハメに(*^_^*)(*^_^*)。

 


バンに乗り込むと既に3組6人の方が乗られていました^_^;。

その後2つのホテルを回り、計6組12人、バンも満車でツアースタートです。

口コミなどでは、「サンセットツアーはたくさんの方が参加されるが、サンライズツアーは少人数と書いたありました」が、予想外に大人気です(^◇^;)。日本のテレビなどでたくさん紹介されている影響かも...(^◇^;)。

 


真っ暗の道をバンを走らせ、マウナケア麓でトイレ休憩&防寒着のレンタルと着替えを済ませ、「星空観測」のポイント、オニヅガビジターセンター駐車場まで一気に登ります。

道中は、関西出身で現在ハワイ島在住のガイドのトモさんから注意事項やその他レクチャーを受けます。

 


標高2800m、オニヅガビジターセンターから観る星空は、まさに絶景です♪───O(≧∇≦)O────♪。

一昨日の星空もそうでしたが、あまりに星がたくさん観え過ぎて、ミルキーウェイ以外は良くわからないくらいです(^◇^;)。

 


まずは、星空と一緒に記念撮影、そして天体望遠鏡で月も観せていただきました。

f:id:yukibodymake:20180914105245j:image

クレーターまではっきり観えて、ビックリ&感動!(写真まで撮ってくださいました)

f:id:yukibodymake:20180914105305j:image


温かいココアをいただいた後、レーザーポインターを使って星座の説明、主人は「想像力がなくてわからない」と嘆いていました^_^;。

 

 

 

トイレを済ませたら、サンライズの時間に合わせて、一気に山頂を目指します。

 


ここからは、あえての悪路(かなりバンピー)と睡魔(高山病予防の為起きておく必要があります)と戦いながら登ります。

だんだんと山肌も白んできています。

f:id:yukibodymake:20180914105341j:image


トモさん曰く、「今日はサイコーの天気(ちょっと風はあるが...)」なんだそう!

 


ツアーの皆さん、誰一人として高山病になることもなく、無事に山頂(4200m)に到着です。

この標高まで車で来られることにもビックリです!

 


バンから降りると、空気は一変していて、すごく気持ちが良いです(^○^)。

が、やはり寒いです(^◇^;)。

f:id:yukibodymake:20180914105408j:image


しかし、この雲海の絶景を見逃すわけにはいきません。

初めて観る「雲海」とそこから昇ってくるサンライズ、最高の絶景です*(^o^)/**(^o^)/*。

f:id:yukibodymake:20180914105440j:image


しかも今日は私の誕生日!今年は絶対良い事があるはずです*(^o^)/*!

f:id:yukibodymake:20180914105501j:image

 

 

一昨日の島内一周観光での絶景スポット、星空と月、雲海からのサンライズ、いままでもいろんな絶景を巡ってきましたが、今回も本当に最高&大感動でした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。

f:id:yukibodymake:20180914105529j:image


帰りは一気にマウナケア麓の公園まで下り、そこで防寒着を返却し、サンドウィッチとお水をもらって、ホテルに戻ります。

 


今回のツアーで、1組だけ関空を利用して(私達は成田経由でしたので大丈夫でしたm(__)m)来られている方がいらっしゃって、帰りはどうなるのかと心配されていました。

 

 

 

ホテルのバルコニーで朝食(いただいたサンドウィッチ)を食べ、その後はプールへ!

f:id:yukibodymake:20180914105620j:image


今日は風が強くて、タオルを押さえながらひと眠り、特に主人は爆睡モードです。(昨日のビーチ&プールでの日焼けもひどく、睡眠不足も重なってバテ気味の様子(>_<))

 


しかし、今回の旅も残すところあと半日しかありません。

疲れたカラダにムチ打って、ハワイ島の海を満喫します。

 


お昼は火照ったカラダを冷やすのに、パイナップル&マンゴースムージーとナゲット&チップスをシェアしました。(足りなかった主人はIGMでお弁当を買って食べていました)

f:id:yukibodymake:20180914105645j:image


食後はお部屋とプールサイドでまったり、そして今日のサンセットはビーチで眺めることに...。

f:id:yukibodymake:20180914105736j:image
f:id:yukibodymake:20180914105726j:image
f:id:yukibodymake:20180914105732j:image


とうとう、今回のハワイ島大自然に触れる旅も終わりを迎えることに...。サンセットと相まって、帰りたくない気持ちが溢れてきますが、台風の影響も心配で(一番の心配は我が家の愛犬)、いろんな感情が交錯します。

 

f:id:yukibodymake:20180914105909j:image

 

夕食はやはりIGM、結局一度もレストランで食事をしない旅となりました。

 


いつもなら閉店ギリギリまでぶらぶらする私達ですが、今回はそこそこで切り上げてホテルに戻りました。

 


簡単に荷物をパッキングし、シャワーを浴びて、眠ります(-_-)zzz。

 

 

 

ワイ島の旅、最終日は7時半に送迎をお願いしていますので、昨晩に買っておいたアーモンドクロワッサンとマラサダ(やっぱり島内観光の時にいただいたものとは違い美味しくなかったみたいです(^◇^;))を食べて、チェックアウト。

f:id:yukibodymake:20180914105827j:image


乗り合わせの送迎ですが、乗客は私達二人だけだったので、スムーズに空港へ、飛行機も一便早い便でホノルルへ、ホノルル国際空港で試食や試飲で時間を過ごし、成田経由で伊丹空港に夜到着です。

 


私達がハワイ島で愉しんでいる時に、日本では大変な災害(関西の台風21号と北海道地震)があり、いろんな影響が出ていたようです。

 


しかも関西在住にもかかわらず、成田経由だったので、スムーズに帰宅することもできました。

 

 

 

 


最後の最後に、伊丹空港から乗ったタクシーでは少し嫌な思いをしましたが、今回もとっても良い旅となりましたm(_ _)mm(_ _)m。

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 地球のパワーを感じるビッグアイランド!『ハワイ島』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 地球のパワーを感じるビッグアイランド!『ハワイ島』の旅❷

 


ワイ島の旅、2日目、今日も最高のお天気です。

f:id:yukibodymake:20180914104246j:image

昨日チェックインしたのはすっかり暗くなってからでしたが、お部屋からの景色も最高です。

f:id:yukibodymake:20180914104329j:image


今日の予定はホテルのビーチとプールでリラックス!

f:id:yukibodymake:20180914104415j:image


まずは昨晩、疲れきったカラダにムチ打って買い出しに行った、サンドウィッチとマフィン、グァバジュースを、オーシャンビューのバルコニーでいただきます。

ゆったりとした優雅な朝食ですね〜( ◠‿◠ )。

 

 

 

食事を済ませたら、まずはビーチへ!

f:id:yukibodymake:20180914104454j:image


陽射しは強いですが、爽やかな風があり、とっても清々しい朝です(^○^)。

 


今日は長旅と昨日の一日観光の疲れを癒すべく、ハワイの風を感じながらゆったりと過ごします。(今日の深夜からサンライズツアーに行くので、カラダを休めておかないといけません)

 


たくさんの方がハワイのリピーターになっていることが納得できる気持ちの良さです(´-`).。oO!

f:id:yukibodymake:20180914104538j:image

 

何もしなくてもお腹は空くもんですね!

お昼も過ぎたので、近くの「クィーンズマーケットプレイス」に昼食がてら出掛けることにします。

f:id:yukibodymake:20180914104617j:image


日本に比べてかなり物価の高いハワイ(特にハワイ島はその中でも高いそうです)、食事にはあまり期待していない私達は、「IGM(ISLAND GOURMET MARKETS)」をメインダイニングにし、滞在中の食事は全てこちらで済ませました。

f:id:yukibodymake:20180914104642j:image


ただ、やはりUSAですので、ビッグなコーラは安かったです(^◇^;)。

f:id:yukibodymake:20180914104707j:image


その後、「クィーンズマーケットプレイス」と、お隣の「キングスショップス」を一周してホテルに戻り、プールサイドでまったり、ビーチに移動して海に入ったり、またプールに戻ってジャグジーに浸かったり(お部屋のシャワーの勢いが弱かったのでジャグジーは気持ち良かった(^○^))、のんびりゆったり癒しの時間です。

 


夕方に一旦お部屋に戻り、シャワーでスッキリ!

 


ホテルのサービス(リゾートフィーをしっかり取られているのでサービスではないか?)の、ドリンクチケットでビールを注文し、ハッピーアワーとサンセットを愉しみます。

こちらのbarはサンセットを観るのに抜群のロケーションなので、たくさんの方が来られていました。(皆さん良くご存知ですね〜^_^;)

f:id:yukibodymake:20180914104747j:image


海の彼方、水平線に沈んでいく夕陽に感動\(^o^)/、色彩もなんとも言えず素敵です^_−☆。

f:id:yukibodymake:20180914104811j:image


徐々に暗くなってくると、昨日星空観察で教わった一番星(=金星)も顔を出し、椰子の木の影とサンセット後の海と空、まるで絵画のような景色です。

f:id:yukibodymake:20180914104846j:image

 

 

そろそろお腹も空いてきましたので、今日も「クィーンズマーケットプレイス」へ!

 


今日の気分はヌードルですが、レストランはもちろんフードコートもお値段が高過ぎ、迷った結果、IGMカップラーメンを購入し、イートインスペースでいただきました。(本当にハワイ(ハワイ島)の物価は高いです(^◇^;))

 


お腹いっぱいになった後は、少しだけお土産を買うためにブラブラ!

しかし、やっぱり物価が高いので、出来るだけ手頃なお値段でかさばらないものにターゲットを絞って探しました(^◇^;)。

 

 

 

いつもの私達にしたら、かなり早めですが、ホテルに戻ります。

実は今日(明日)は午前2時にお迎えが来て、「星空とサンライズ」のツアーに行くことになっているんです。(←今回の旅の最大の目的です(^O^))

f:id:yukibodymake:20180914104940j:image

 

 

そして今日は◯0代最後の日、日本より19時間時差があり、大台に乗るのがほぼ一日遅くなりました。(←意味ないと思うけど(^◇^;))

目覚めた時には、◯0歳です!

 

 

 

ということで、とりあえず早めに就寝です(-_-)zzz。

 

 

 

 

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 地球のパワーを感じるビッグアイランド!『ハワイ島』の旅❶

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 地球のパワーを感じるビッグアイランド!『ハワイ島』の旅❶

 

f:id:yukibodymake:20180914102148j:image


2018年9月、今回の旅の目的地はハワイ諸島最大の島、ビッグアイランド『ハワイ島』です。


今回の目的地に何故、『ハワイ島』をチョイスしたかというと、私のちょうど◯0歳の誕生日(9月5日)を少しでも遅く迎えるための選択なんだとか...(主人曰く)。

というわけで、今回もANA(ユナイテッドとハワイアン航空)を乗り継ぎ、ホノルルはトランジットのみでスルーし、ハワイ島のコナ空港に到着です。

f:id:yukibodymake:20180914102325j:image


(関空からコナ空港に直行便があるにもかかわらず、ANAのマイルを貯めるため、伊丹〜成田〜ホノルル〜コナと乗り継いで長時間のフライトです(>_<))

でも、今回はこの旅程のお陰で無事予定通りに帰国することができました。(関空を利用していたら台風21号の影響でどうなっていたことか...^_^;)

f:id:yukibodymake:20180914102254j:image

 


ワイ島コナ国際空港は、バゲージクレームが空港の外?にあるかなりこじんまりした空港です。
こちらで本日の1日観光のガイド兼ドライバーさんと合流予定です。
が、私達が到着したのが10時半過ぎ、ピックアップの時間が11時30分、この何もない空港でどう過ごそうかと思っていると、ガイドさんが早めに来てくださいました*(^o^)/*。

f:id:yukibodymake:20180914102438j:image

 

テルチェックインまでも時間があるし、ホテルまでの送迎もお願いしないといけない(公共交通機関はほぼありません)ので、そのままチャーターで「キラウエア火山観光」を申し込んでいました。
ですが、「キラウエア火山」は5月からの噴火の影響と、つい先日に沈静化したのは良いんですが現在は見所がないという事で、「島内絶景観光」にプラン変更していただきました。


まずは、空港近くの「溶岩洞窟」にご案内!

f:id:yukibodymake:20180914102603j:image f:id:yukibodymake:20180914102727j:image

溶岩の上を歩くのは初めての体験です。
なだらかな山と冷えて固まった溶岩、そしてその中をまっすぐに貫く整備された道路、さらには綺麗な青い空と碧い海、これこそがハワイ島の絶景ですね*(^o^)/*。

車はそんな絶景の中を走り、ワイコロア地区のスーパーマーケットで夕食のお弁当を調達、(私達の滞在ホテルもこちらの「ワイコロア ビーチ マリオット リゾート&スパ」でしたが、ここは一旦スルー)、私達もお水とバナナを買い込んで、観光再開です。

次に向かうのは、島の北側にある「ワイピオ渓谷」!

f:id:yukibodymake:20180914102919j:image

道中は、ガイドのおじさんといろんな会話で退屈することもありません。
大学生の頃に海外留学したことをキッカケに、日本でも何年間かは仕事をしたが、結局アメリカに居着いてしまったというガイドさん、ロサンゼルスやマイアミ(アメリカの中でも治安の良くない所ばかり...(^◇^;))を経て、13年前に(平和な)ハワイ島に来られたそうです。

「ワイピオ渓谷」に辿り着く前に、近くのテックスドライブインで、マラサダ(=砂糖たっぷり揚げパン)休憩です。

f:id:yukibodymake:20180914102945j:image
揚げたてなのかまだほんのり温かくて、想像よりもかなり美味しくいただきました( ˆoˆ )/(もっと甘ったるくて、油ギッシュなイメージでしたが...)。

そこからは、日系の方達のたくさん住まれている町を抜けて「ワイピオ渓谷」に到着!

ワイ島はボルケーノ国立公園とマウナケアが有名ですが、この「ワイピオ渓谷」も外せない絶景の一つです。

f:id:yukibodymake:20180914103031j:image
海に流れ落ちる滝もしっかり観ることができました。

この渓谷を馬に跨って観光するのがメジャーなんだそうですが、今回は展望台からの観光のみです。

続いては、「アカカフォールズ」です!

f:id:yukibodymake:20180914103113j:image 

それにしてもハワイ島は通称「ビッグアイランド」と言われるだけあって、観光スポット間の距離がかなりあります。

また、数日前にハワイ島をかすめて行ったハリケーンの影響で、あちらこちらで崖崩れが起こっていたりで運転も大変そうでした(ベテランガイドさんで前日にも走っておられたので安心でしたが...)。

「アカカフォールズ」もハワイ島では有名観光スポットですので、滝を眺めるためのトレイルも完備されていて、トレイルからの眺めはまさに絶景(滝好きの私としてはマストなスポット)です。

f:id:yukibodymake:20180914103214j:image
f:id:yukibodymake:20180914103220j:image
f:id:yukibodymake:20180914103208j:image

「アカカフォールズ」の入口駐車場に2匹の犬が寄り添って伏せていて、人が来ると顔を上げこちらを見てきます。ガイドさん曰く捨て犬じゃないかな?と...(>_<)。

f:id:yukibodymake:20180914103301j:image

次はハワイ島一の街、ヒロに向かって車を走らせます。

途中、道路はボルケーノ国立公園の中を通ります。ガイドさんも何とか私達にキラウエア火山の噴火口を見せてくれようとしてくださいますが、当日(9月22日まで)は完全に入園禁止でレンジャーも車から監視している状況なので、断念!

f:id:yukibodymake:20180914103344j:image

この頃には、日本からの長旅と睡眠不足でウトウトし出す私達(_ _).。o○恐縮ですm(_ _)m。

ヒロの街は海抜の低い所にあり、先日のハリケーンで浸水した所もたくさんあり、当日もまだ完全復旧はしていませんでした。(日本も様々な自然災害が多発していますが、世界中がそんな感じのようです(>_<)(>_<))

そして到着したのが、ハワイ島のお土産で有名な「ビッグアイランドキャンディ」という工場兼ショップ!
トイレ休憩も兼ねてですが、入口を入った途端、チョコレートの試食やコーヒーの試飲があり、主人共々試食しまくりです*(^o^)/*。
日本での試食とは違い、大盤振る舞いでお腹いっぱいになりました^_^;。
この後もまだまだ観光は続きますので、お土産購入は他にたくさんいらっしゃる日本人の方にお任せして、私達は試飲、試食とトイレだけお借りして車に戻りますm(_ _)m。

ガソリンの補給も完了し次に向かったのは、ウミガメに高確率(90%以上?)で遭遇できると言われる「プナルウ黒砂海岸」!

f:id:yukibodymake:20180914103437j:image

ちゃんと待っていてくれました*(^o^)/*、3匹のウミガメ達!

f:id:yukibodymake:20180914103505j:image

こんなに近くで観ることができるなんて、さすが「ハワイ」ですね!
本当に真っ黒の砂(おそらく溶岩が波で砕けて砂になったんでしょうね)にもビックリです。
波もかなり荒いし、岩場もあるのに、地元?の子供達は海水浴です^_^;。

ここで、少し早めですが、夕食のお弁当をいただきました。(これが結構美味しい!)

陽も傾いてきて、そろそろ観光終了かな?と思っていましたが、続いて「サウスポイント」と呼ばれる断崖絶壁に立ち寄ってくださいました。

f:id:yukibodymake:20180914103540j:image

「ハワイ島最南端=アメリカ合衆国最南端」の場所で、そこから見える景色もまさに絶景です。

10数メートルある断崖絶壁に、張り出した荷物運搬用の台とハシゴがかかっているだけ(今は使われていません)の絶景ポイントです。

f:id:yukibodymake:20180914103616j:image

私達が行った時にも、ここから飛び込んでいる人がいて、高所恐怖症の私達には考えられない光景でした。

この辺りは貿易風もかなり強い場所のようで、遠くには風力発電の設備が見えますし、立っている木は全て同じ方向に傾いています。


これで島内観光は終了ですが、本当にハワイ島一周の絶景観光でした。

「サウスポイント」からハワイ島第ニの街コナを通り、滞在先のホテルがあるワイコロアを目指します。

途中サンセットも車窓から観ることができました*(^o^)/*。

もう二人とも(´-`).。oO、(_ _).。o○状態です。ガイドさん本当にありがとうございましたm(_ _)mm(_ _)m。

コナの街を抜ける頃は、ちょうど夕食時のようで賑やかでした。

コナ空港を通り過ぎ(これで一周完了!)、道路を少し逸れると、真っ暗の暗闇で、空には満天の星空です。
主人は「星空観察は割愛して絶景観光をお願いしていた」ようですが、ベテランガイドさんの粋なはからいで、「星空観察」もさせていただけることに...*(^o^)/*。

レーザーポインターを使って、星座やミルキーウェイの説明もしてくださいました。


主人は、プライベートチャーターのツアーで、ちょっと予算オーバーかなと思いながら予約したようですが、大大満足の絶景観光になりました( ˆoˆ )/( ˆoˆ )/。

滞在先の「ワイコロア ビーチ マリオット リゾート&スパ」にチェックインしたのは20時30分を過ぎていましたが『ハワイ島一周絶景観光』は最高でした( ˆoˆ )/( ˆoˆ )/。

f:id:yukibodymake:20180914103857j:image


日本を出発してからかなりの時間が経ちましたが、シャワーの後、明日の朝ごはんの買い出しをして、ハワイ島の旅初日(実質2日目)終了です。

*1..zzzZZ。

 

*1: _ _

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❸

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❸

f:id:yukibodymake:20171109182247j:image

午後からは近くのスーパーマーケットを物色(偵察)し、その後スリーマをぐるっと歩いて回りました。
海沿いのプロムナードにはベンチがたくさんあるので、ゆったり休憩もできます。

f:id:yukibodymake:20171109182307j:image

また、あちこちでクリスマスグッズが売られていて、ちょっとテンションが上がる私です。可愛いグッズが本当にたくさんあって、物欲が湧き上がりますが、そこは見るだけで我慢です。

いつものスリーマ港まで戻ってきたら、マンゴースムージーを買って、海沿いのベンチで海とその先のバレッタを眺めてのんびり過ごしました。

 f:id:yukibodymake:20171109182359j:image  f:id:yukibodymake:20171109182421j:image

f:id:yukibodymake:20171109182444j:image  f:id:yukibodymake:20171109182507j:image

f:id:yukibodymake:20171109182534j:image

今回の旅はいつものようにバタバタ動き回ることはなく、ゆったり大人の?旅です。


本日の夕食は、(何故かアジアン)ヌードルにします。
昨日の失敗(量が多い)があるので、とりあえず一品注文し、後でもう一品追加しました。海外の旅では、一食はヌードルをいただく私達、お味は良かったですが、やはりアジアンレストランはお高く感じました。

f:id:yukibodymake:20171109182612j:image

食後はお土産の下見と食後の散歩で街ブラし、ホテルに戻って本日終了です(-_-)zzz。

f:id:yukibodymake:20171109182642j:image

 

 

マルタの旅4日目、今日は一日マルタ島郊外をプライベート観光です。

f:id:yukibodymake:20171109182717j:image

9時にツアーガイドさんとホテルロビーで待ち合わせですので、まずは朝食へ。何にするかと迷った挙句、マクドナルドに入ります。そこそこ良いお値段です(^^;。
マルタでの朝食は街のパン屋さんで惣菜パン(ほぼ全て€1)を買うことをお勧めしますm(_ _)m。

ホテルに戻る途中から、雲行きが怪しくなってきました。
今日は11月1日、マルタでは今日から「冬」ですが、早速の大荒れの天気です。雷が鳴り響き、結構な雨量です。

ガイドさん(日本人の50代の女性、ご主人はマルタ人)とドライバーさん(マルタ人)と合流したときも、かなりの大雨です(>_<)。

プライベート観光なのでガイドさんの判断で廻るコースの順番を変更し、雨が止むのを祈りつつ(マルタでは雨が降り続くことはほとんどないという言葉と自分達の運を信じて)、出発です。

坂の多いマルタ島、低い土地の道路は洪水状態(>_<)(>_<)!

それでも、一つ目の観光地「タルシーン神殿」に着く頃には、かなり小降りになってきました。

f:id:yukibodymake:20171109182824j:image
タルシーン神殿は保存の目的で、テントが張ってあるので雨でもほぼ大丈夫です。

f:id:yukibodymake:20171109182854j:image
この神殿の遺跡は、エジプトのピラミッドよりもその歴史は古いそうです。

 

続いて、「スリー・シティーズ」のセングレアにあるセーフヘブン公園へ。
マルタのガイドブックには絶対に載っている、監視塔ヴェデッテ、あの耳と目のついた有名な監視塔です。

f:id:yukibodymake:20171109182935j:image  f:id:yukibodymake:20171109183019j:image
そこはバレッタの「アッパー・バラッカ・ガーデン」の対岸になり、素晴らしい絶景が広がる場所です。

当日は大型クルーズ船が2隻就航していて、すごく間近に見ることができました。

f:id:yukibodymake:20171109183101j:image  f:id:yukibodymake:20171109183128j:image

その後現在はマリーナになっている、一番外海側の城壁の下にも連れて行っていただきました。(大型バスではここまで入れないという、プライベートツアーの特権です)

f:id:yukibodymake:20171109183211j:image
マリーナにはビックリするようなクルーザーも停泊していて、「世界のお金持ちさんって...」でした。

f:id:yukibodymake:20171109183242j:image

 

雨もほぼ上がってきました。

 

次に訪れたのが、「ブルーグロット(青の洞門)」です。

f:id:yukibodymake:20171109183334j:image
展望エリアからの眺めは、正に絶景そのものです。少し残念なのは、カラッと晴れていればさらに海の色が青さを増すはずだったことです。が、十分です。

f:id:yukibodymake:20171109183403j:image

大型の観光バスも止まり、たくさんの観光客さん達がいらっしゃいます。大型クルーズ船のエクスカーションでマルタ観光されているようです。

ブルーグロットでは(手漕ぎ)ボートで洞門に入れるそうですが、当日は朝の雨で(天気が回復しても)ボートは出ないようです(^^;。(さすが南欧!)

ボート乗り場の近くには海沿いに公園もあり、マルタにいくつかある無人島も見えています。(天気回復です*(^o^)/*)

f:id:yukibodymake:20171109183437j:image  f:id:yukibodymake:20171109183505j:image  f:id:yukibodymake:20171109183537j:image

 

 

続いてはマルタ最大の漁村「マルサシュロック」です。

f:id:yukibodymake:20171109183629j:image  f:id:yukibodymake:20171109183702j:image
ここは歴史的にもいろんな出来事があり、オスマントルコ軍やナポレオンの率いるフランス軍が上陸した港でもあるそうです。
また冷戦の終結の宣言をしたマルタ会議もこの海上だったんですよ!

f:id:yukibodymake:20171109183740j:image
そんなマルサシュロックの現在は、のどかな漁村兼観光地になっています。可愛い独特の船(鮮やかな色彩と漁師を守る目が付いた)たくさん浮かんでいます。

f:id:yukibodymake:20171109183816j:image  f:id:yukibodymake:20171109183847j:image

 

と、こちらでランチタイム休憩です。

漁村と言う割には、キッチリしたレストランで、テーブルコーデもフレンチ風です。

一品目は魚介のスープ(美味しいです(^。^)、ちょっと量が多いですが(・・;))、最初に出たパンはイマイチでしたが...、続いて魚介のショートパスタ(美味しいですがスープと同じ味⁇)はパスタが...(^◇^;)、そしてデザートのクランベリーのアイスクリームです。

 

f:id:yukibodymake:20171109184008j:image

さぁ気をとりなおして、観光再開で本日のハイライト「イムディーナ」観光です。

f:id:yukibodymake:20171109184053j:image

静寂の街と言われる「イムディーナ」、小高い丘の上に建つ古い都で、バレッタに首都が移されるまではこちらがマルタの中心だったそうです。

f:id:yukibodymake:20171109184113j:image

メインゲート付近にはカロッチン(観光馬車)も数騎待機しています。

f:id:yukibodymake:20171109184157j:image

入り組んだ細い路地は本当に絵画のようで、絶好の写真スポットですよ(^。^)。

f:id:yukibodymake:20171109184230j:image  f:id:yukibodymake:20171109184422j:image
ただ、当日は巨大クルーズ船2隻のおかげで、静寂はほぼなくすごい人でしたが...。

f:id:yukibodymake:20171109184515j:image
私達は参加しませんでしたが、夜暗くなってからのイムディーナ観光は抜群に良い雰囲気を味わえるそうです(特に冬は本当に人がいなくなるそうです)。

この街は観光地でありながら、居住されている方があり、その方達の車が街中を走りますので、写真撮影中は注意してくださいね!(居住者と搬入の車両は通行が許可されているそうです)、それとカロッチンにも注意ですm(_ _)m。

f:id:yukibodymake:20171109184554j:image

またイムディーナの中にホテルも一棟だけあり(10数室のみ)、お忍びのセレブやハリウッドスターが泊まられたホテルなんですって!

ホテル宿泊料金も高いらしいですが、さらにイムディーナに家を所有することがお金持ちさん達のステイタスなんだそうで、数億円以上するんですって!(コンビニもスーパーも病院もない不便な所なのに...)

f:id:yukibodymake:20171109184648j:image  f:id:yukibodymake:20171109184716j:image

たっぷり時間をもらってのイムディーナ観光でしたが、時間を持て余し、少し早目に観光終了、時間があるということで、イムディーナ近くの大きな教会?に寄ってくださいました。

f:id:yukibodymake:20171109184750j:image
ローマのパンテノンに似た造りの大きな教会で、大戦中に投下された爆弾もマリア様のお陰で不発になったと言われていて、その爆弾のレプリカが奥の部屋に展示されています。

f:id:yukibodymake:20171109184854j:image

 

これで、本日のプライベート観光終了です。
ホテルに戻る時の運転はかなりハードでした(これがマルタの運転のようです)(^◇^;)。

 


少しお部屋のバルコニーで休憩した後は、残りもう一つの街セントジュリアンへ行ってみました。
今日のガイドさんから、夜はセントジュリアンが賑やかだと聞いていたので、ぶらぶら歩いてお出掛けします。

f:id:yukibodymake:20171109184957j:image
プロムナードに出るまでは、ほとんど人気のない住宅街?を抜けて行くのですが、治安が良いことで有名なマルタですので、用心しつつも安心して歩けます。(危険といえば車くらいです)

f:id:yukibodymake:20171109185033j:image  f:id:yukibodymake:20171109185112j:image  f:id:yukibodymake:20171109185305j:image

人もお店も多いですが、特別何かある訳でもなく、さすがにカジノまでは遠いし一周してホテルに戻りました。(二人共、お腹が空いていなかったので本日は夕食抜きです)(-_-)zzz

 


マルタの旅、5日目(最終日)は、まずはスリーマのカフェで朝食をいただきます。

f:id:yukibodymake:20171109185148j:image
お店は開いていて、メニューも置いてあるんですが、(7時30分頃)ブレックファーストメニューはまだとのこと(^_^;)(^_^;)。(朝は8:00頃から夜8:00くらいがマルタの一般的な営業時間のよう。もちろんレストランやBARは遅くまで営業していますが...)確かに周りのおじさん達はコーヒーしか飲んでいません。
販売されているパンはOKだったので、そちらを注文し結果オーライでした。(パンは美味しくて安いんで...)

朝食後は街ブラしながらお土産を物色です。

f:id:yukibodymake:20171109185351j:image
結局、今回はチョコレートをたくさん買ってお土産終了。(全く同じ物ではないので一概には言えませんが、ブリュッセル空港よりも断然物価が安いマルタの方がお得感がありました)

ホテルに戻り、荷物をパッキングして、チェックアウト、荷物を預けて再度、昼食にお出掛けします。(フライトの時間は16:05なので十分時間はあるはず...(^。^))

スリーマとセントジュリアンの間にある海沿いのカフェに入り、私はシーザーサラダ、主人はペペロンチーノを注文。

f:id:yukibodymake:20171109185559j:image
またもや、急に雲行きが...。雨が降り出しました。オープンテラス席からテント下に避難し(海は見えますが)、ゆっくり昼食です。

すぐに止むと思っていた雨、そんなに強くはないですが、降り続いています。
1時30分頃、少し弱まった時を見計らってホテルに急ぎます。マルタの建物の造りがバルコニーや出窓があるので、その下を通ってほぼ濡れることなくホテル到着です。

ホテルからは送迎タクシーをお願いし空港まで。(このタクシーのお兄さんが最強に乱暴な運転でヒヤヒヤ(^◇^;))


マルタ〜ブリュッセル〜成田〜伊丹と乗り継ぎ、今回の旅も終了です(6日目)

f:id:yukibodymake:20171109185449j:image


今回も色々な経験をした旅でした。物価も安く、治安も良いマルタ共和国、また来ようと思える場所でした。

(遠かった事(フライト時間)を除けば、すごく良い旅でした\(^o^)/)

 

今回のオプションツアーはすべて☆24時間いつでもオンライン予約可能! 

オプショナルツアー予約専門VELTRA / Alan1.net 

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❷

f:id:yukibodymake:20171109172815j:image

クルーズ船で出発待ちの私達ですが、このゴゾ島までの嫌な思い出が蘇ります。(まぁ、でもコミノ島まではすぐなんで大丈夫と言い聞かせます)

船はスピードを上げることもなく、ゆっくりと進み、まさしくクルーズ状態!です。

f:id:yukibodymake:20171109172843j:image
僅か5分〜10分程度で到着のようで、その海の青さは写真で見るものと同じです*(^o^)/*。

f:id:yukibodymake:20171109172923j:image

そこでは海に入っている外国人の方々がたくさんいらっしゃいます。(日差しは十分ですが、気温的にはちょっと肌寒いくらいですから、私達は高台に登り海を眺めることに...)

f:id:yukibodymake:20171109173010j:image

若干太陽の光が弱いので、本当に夏の晴れた日ならもっと青いブルーラグーンを見ることができたんでしょうが、私的には十分です*(^o^)/**(^o^)/*。

コミノ島には約一時間の滞在ですが、ボーっと綺麗な海を眺めて過ごし、心もカラダも癒されます。

f:id:yukibodymake:20171109173047j:image

時間になり、私達は覚悟を決め船に乗り込みます。(少し早めに乗って良さげな場所をキープします)
ここでもやはり遅れて来られる方がいて、船は出航できません。(コミノ島はクルーズ船とゴゾ島からのボートしか来ないので、置いて出発することはできないようです)

20分程度遅れで出航、いよいよ覚悟を決めるしかないと気持ちを引き締めますが、???です。クルーズ船はゴゾ島からコミノ島に来た時同様、ゆっくり、ゆったり、クルーズです。

f:id:yukibodymake:20171109174055j:image
コミノ島周辺の景色を観るためにゆっくり航行していると、勝手に思い込みながら緊張している私です。

f:id:yukibodymake:20171109174127j:image

しかし、そこからいくら進んでもスピードを上げる気配はなく、クルーズ状態でマルタ島も見えてきました。結局、スリーマの港までゆっくりクルーズして戻りました。

f:id:yukibodymake:20171109174153j:image  f:id:yukibodymake:20171109174214j:image
所要時間が往復共同じくらいだったので、行きは逆風と高波のためにフルスロットルで航行していただけで、本来は帰りのようにゆっくりとクルーズ船のツアーを愉しむものなんだと気付きました。(揺れることもなく、もちろん船酔いもなく、快適なクルーズです)

スリーマに到着は予定より少し遅い18時頃でしたので、ホテルには戻らずそのままマルタでの初夕食をいただくことにしました。

スリーマの港の近辺には多国籍のレストランやBARがたくさんあります。
とりあえず一回り下見をした後、今日の疲れ(船酔い?)の回復には「お肉」でしょー!ということで、チョイスしたのは何故か?メキシコ系のBAR(レストラン)でした。
カラダが冷えていたのでスープ1品と私はビールとリブチョップ、主人はコーラとフィレステーキを注文(多分、多いだろうなぁと思いつつ...)、時間も早くまだ happy hour だったせいか、ドリンクの後、料理がなかなか出てきません。
まずコーンとチキンの入ったちょっぴり辛いスープが出てきました。絶品です*(^o^)/*!カラダも温もりご機嫌に...、しかしまたここからが長いんです。
次のメイン料理が出てきた頃には、私のお腹はそこそこ満たされています。そして目の前には巨大なリブチョップが...(^◇^;)!

f:id:yukibodymake:20171109174329j:image

主人は自分が注文したお肉はペロリと食べていましたが、私は案の定、量が...、主人にも手伝ってもらいましたが残してしまいましたm(_ _)m。

f:id:yukibodymake:20171109174359j:image
マルタの食事の量は多いということをすっかり忘れていた主人曰く、このリブチョップは肉厚過ぎると唸っていました。

お腹いっぱい満たされ(過ぎ)た私達は、散歩がてらちょっとだけ周辺のお店をウィンドウショッピングし、早めににホテルに戻りました。(昨日の日本からの移動疲れと今日のクルーズ疲れ(行きの船酔いとカラダの冷え)もあったので...)

明日は予定なしの完全Free dayですが、体力回復のため眠ることにします(-_-)zzz。

 

 

 

マルタの旅、3日目はFree dayです。

眠りも浅く、変な時間に起きたり寝たりで、カラダの回復もイマイチですが、旅行中はいつまでもダラダラしている訳にはいきません。

f:id:yukibodymake:20171109174617j:image

今日は世界遺産の街、バレッタ散策をすることにします(^o^)/。

スリーマ港からフェリー(渡し船)でバレッタに渡ることにします。
乗船客は観光客以外にこちらでお仕事されている方や留学生?さんも乗っていらして、市民の足にもなっています。料金も往復で€2.8とリーズナブルです。

f:id:yukibodymake:20171109174657j:image
フェリー以外にもバレッタへは公共のバスがたくさん運行していますが、おそらく船で渡る方が早くて便利なのかも...。

バレッタに到着後はメインストリートの「リパブリックストリート」を目指します。

f:id:yukibodymake:20171109174730j:image

このバレッタのリパブリックストリートは正にマルタの象徴です。
城壁に囲まれたバレッタの街の中心を入り口の門から海に続く砦までを、まっすぐ突き抜ける大きな通り(ほかの通りはほとんどが狭いんです)です。

建物の角にはいろんな像が彫られていたり、すごく絵になる(写真映えする)街並みです。

f:id:yukibodymake:20171109174815j:image  f:id:yukibodymake:20171109174905j:image  f:id:yukibodymake:20171109174952j:image  f:id:yukibodymake:20171109175154j:image  f:id:yukibodymake:20171109181454j:image

テレビで紹介されていたパン屋さんもすぐに見つけることができましたが、やはりたくさんの地元の方が並ばれていたので、ここはスルーして他のお店で本日の朝食を購入。

f:id:yukibodymake:20171109175027j:image
私はマルタ名物のリコッタチーズの入った揚げパンを、主人はソーセージのパンを購入しました。チーズたっぷりだし揚げているしかなり濃厚かと思いましたが、想像よりはかなりあっさりしていて、美味しくいただきました。(観光地のバレッタでもやはり物価は安いようです*(^o^)/*)

ヨハネ大聖堂や騎士団長の宮殿、パレス広場を抜け、聖エルモ砦まで、リパブリックストリートを歩きました。

f:id:yukibodymake:20171109175133j:image
そこから海を眺めながら、大きな鐘のある休憩スポット?で先ほど買ったパンをいただきちょっとまったり、そしてローアー・パラッカ・ガーデンまで、とっても気持ちの良い朝のお散歩(日差しが出るとかなり暑いですが)です。

f:id:yukibodymake:20171109175328j:image  

f:id:yukibodymake:20171109175404j:image  
大きな軍艦(ユーロの旗やヨーロッパの国々の旗を掲げた)が曳航されているのも見ることができました。

f:id:yukibodymake:20171109180507j:image


このローアーガーデンも素敵な空間で、近所?のおじさん達が朝のお散歩?に来られのんびり過ごされていて、のどかな南ヨーロッパの風景です。

f:id:yukibodymake:20171109180554j:image  f:id:yukibodymake:20171109180641j:image

その後目指すのは、観光客が必ず訪れると言われるアッパー・パラッカ・ガーデンへ。
海沿いに進むのはちょっと遠い気がしたのと、日差し避けも兼ねて住宅街?を抜けて行きました。

アッパーガーデンには本当にたくさんの観光客が訪れていて、個人の人から添乗員さんに連れられて各国の団体さんまで、すごい賑わいです。日本人の団体さん(そこそこご高齢の方達)もいらっしゃいました。(この旅で初めて見かける日本人ツアーさん達でした)

f:id:yukibodymake:20171109180729j:image  f:id:yukibodymake:20171109180818j:image

このアッパーガーデンは正午に大砲発射の実演(もちろん空砲ですよ)があったり、側にはマルタ名物の観光馬車「カロッチン」が待機していたり、正に「ザ・観光地」です。

f:id:yukibodymake:20171109180852j:image  f:id:yukibodymake:20171109180919j:image

f:id:yukibodymake:20171109180957j:image   f:id:yukibodymake:20171109181115j:image
そこから街中に入って行くと、そこはバレッタの入口でしたのでこれでバレッタは走破?です。

f:id:yukibodymake:20171110152212j:image

その後はバレッタの街中を散策、途中ジェラードとロールケーキ休憩しつつ、教会で涼んだり(イタリアに行った時に教えてもらいました)、ぶらぶらします。

f:id:yukibodymake:20171109181158j:image  f:id:yukibodymake:20171109181234j:image  f:id:yukibodymake:20171109181310j:image

最後に「聖ヨハネ大聖堂」には入場観光します。(一人€10で、言語別の解説機付きです)

f:id:yukibodymake:20171109181424j:image

ヨハネ大聖堂の入口側には、タックスヘイブン(パナマ文書)の取材で暗殺?されたジャーナリストの慰霊の祭壇が設けられていましたm(_ _)m。

f:id:yukibodymake:20171109181537j:image

ナポリの教会やバチカン市国のサンピエトロ大聖堂も素敵でしたが、こちらの聖ヨハネ大聖堂も凄いです。歴史的には他の教会とは少し違い、騎士団の礼拝堂で、8つの国から集まった騎士団ですので、礼拝場所もドイツ、フランス、イギリスなど国ごとに分けられています。

f:id:yukibodymake:20171109181622j:image  f:id:yukibodymake:20171109181722j:image

f:id:yukibodymake:20171109181804j:image  f:id:yukibodymake:20171109181837j:image  f:id:yukibodymake:20171109181921j:image  f:id:yukibodymake:20171109182005j:image
その8という数字がキーワードで、柱の数だったり、騎士団のマークなどになっているそうです。
当時マルタは、オスマ ントルコ帝国に対抗するために、いわゆる連合国で築かれた城壁の要塞都市でしたが、その後ナポレオンの軍隊によって奪還されたという歴史があるそうです。

 

バレッタの街を十分堪能し、一旦ホテルに戻ってのんびり過ごすことにします。
フェリーでスリーマに戻り、道中お昼ご飯(主人はピザ、私はリンゴ)を買って、お部屋でいただきました。

f:id:yukibodymake:20171109182130j:image

昼食後はパレスホテル自慢?の屋上プールで休憩です(_ _).。o○。

f:id:yukibodymake:20171109182055j:image

 

今回のオプションツアーはすべて☆24時間いつでもオンライン予約可能! 

オプショナルツアー予約専門VELTRA / Alan1.net 

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❶

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 悠久の歴史を刻む、地中海に浮かぶ要塞都市!『マルタ』の旅❶

f:id:yukibodymake:20171109170643j:image

2017年10月、今回の目的地は地中海の小島、マルタ騎士団が作り上げた城塞都市『マルタ共和国』です。

f:id:yukibodymake:20171109170816j:image

今回の旅を決めたのは、なんと1月31日!主人がやたらとパソコンを使っていると思ったら、2月以降の予約には燃油サーチャージがかかるということらしく、色々検索した結果ずっと気になっていた『マルタ共和国』にしたようです。

もちろん地中海ですからヨーロッパ、いつも通りの超長旅です(>_<)。

今回もANAさんを利用します。まずは伊丹空港から成田へ、そしてベルギーのブリュッセルでトランジットしてマルタ到着という日程です。

f:id:yukibodymake:20171109170905j:image
しかもブリュッセル空港でのトランジット時間が5時間弱、結局家を出てからホテルに到着するまで25〜26時間かかりました(>_<)(>_<)。

当日は日本に台風が近づいていたのですが、逃げるように大阪から東京、そして海外へ!あまり揺れる事もなく、無難なフライトです。
主人から着いたら夜なので、飛行機ではあまり寝ないように言われていたこともあり、ブリュッセルまでは映画を観まくりのロングフライトでした。

そして今回の旅の最難関、ブリュッセル空港で如何に過ごすかというです。

f:id:yukibodymake:20171109171009j:image
成田出発が少し遅れたとはいえ、5時間弱もあるトランジットです。事前調べでは、チョコレートが世界一売れる空港ということで(試食とかあるかなと期待しつつでしたが試食もなく)、とにかく種類と数は多く(多過ぎ)、安いのか高いのかもよく分かりません。

f:id:yukibodymake:20171109171059j:image  f:id:yukibodymake:20171109171127j:image
歩き疲れたので、ここで一端腹ごしらえですが、ブロイラー状態でのフライトの後ですので、そんなにお腹も空いていません。しかしここで少し食べておかないと明日まで食べれない?と思い、ベルギーですから「ワッフル」をいただくことにします。大好きなチョコレートのついたとってもビッグな「ワッフル」が€2.90と、これは安かったように思います。

その後もぶらぶらしたり、ソファでまったりしたりしながら、マルタへのフライト待ちでした(_ _).。o○。

ブリュッセルからマルタへは2時間30分ほどで到着です。(この飛行機で軽食が出たのは計算外です)

空港からは(時間も遅い事もあり)送迎をお願いしていて、すぐにドライバーのおじさんとも落ち合うことができ、ほぼ深夜に今回お世話になるスリーマの「パレスホテル」に到着!5つ星の素敵なホテルです。

f:id:yukibodymake:20171109171255j:image

チェックインも滞りなく済ませ、ざっくり荷物を片付けたら、明日のために眠ることにします(-_-)zzz。

 

 

マルタの旅、2日目は「ゴゾ島観光とコミノ島ブルーラグーン」への(いいとこ取り)クルーズ船ツアーに参加します。

f:id:yukibodymake:20171109171401j:image  f:id:yukibodymake:20171109171431j:image

集合時間は9時45分だったので、まずは朝食がてらスリーマ散策です。(もちろん集合場所のチェックも兼ねてです。)

f:id:yukibodymake:20171109171534j:image

時差ボケ?のせいか、夜明けにマルタ航空で頂いた軽食のパンを食べた私はそんなにお腹も空いていなかったことと、ホテルのお部屋でコーヒーも飲んできたので、主人の買ったパンを少しだけ食べただけでした。(これが後々好結果になるとは...)

お天気は雲が多いものの、時折照りつける日差しもあり、まあまあの青空です。

9時30分頃になり、クルーズ船付近に行ってみると、既に乗船されている方もいるようで私達も船に乗り込みます。(このスリーマ港はたくさんのクルーズの拠点で、朝から呼び込みの方が声をかけてきます。しかしそんなに嫌な感じもなく、逆に私達の乗る船の場所を教えてくれます)

2階の展望デッキシート後方の席に座った私達、時間とともに周りにはビッシリと外国人だらけです。

f:id:yukibodymake:20171109171726j:image
朝のスリーマ散策でも日本人はほとんど見かけませんでしたが、このクルーズツアーでもいないようです。(お一人の女性が唯一乗っていらっしゃいました)
そして今までの海外旅行とは違い、中国人の方達も見かけません*(^o^)/*。

f:id:yukibodymake:20171109171645j:image

10時を過ぎた頃、いよいよ出発です。
船はバレッタの街並みを横目に湾から出て、外海に突入します。結構波が高い?と思ったのも束の間、そこからはまるでアトラクション(船の名前もエクストリーム号って( ̄◇ ̄;))です。フリーソフトドリンクのツアーですが、取りに行く事も大変なくらい(飲まれている方もいますが...)の揺れです。そのうち揺れも収まるかなぁ?と思いながら必死に耐えていましたが、一向にそんなこともないまま船はフルパワー?で進んでいきます。

陽が照ると暑く、雲で陰ると寒い、そんな空模様と、強烈な揺れでグロッキー状態の私です。もう少しでゴゾ島に到着するかという時に雨が降ってきたので、慌てて1階の船内に降ります。これが悲劇の始まりでした。
主人の唇の色がなくなり、顔色も良くありません。と人のことを気にかけていましたが、私自身も急に気分が悪くなってきます。もし、朝ご飯をしっかり食べていたら大変なことになっていたことでしょう(>_<)。

f:id:yukibodymake:20171109171820j:image
ゴゾ島到着まで本当にキツいクルーズとなり、まだ午前中だというのにとんでもない疲労感です。

 

到着後はクルーズ船を降り、小型のバス(補助席まで目一杯乗せて!)で島内観光です。

まずは定番?のお土産店のようです。マルタ名産のシルクのお店で、トイレ休憩を兼ねているようです。

f:id:yukibodymake:20171109171915j:image
まだ船酔いの余韻が残っていた私は、お店の中はスルーして外で太陽に当たります。
指定時間前にはバスに乗り込みましたが、スペイン人?の若い女性二人組みがだけが遅れています。

全員揃ったら次の観光地に出発、続いてはゴゾ島のカトリック教会です。

f:id:yukibodymake:20171109171948j:image
本来は「アズールウインド」と呼ばれる自然が作り出した海に突き出たアーチの観光だったと思いますが、今年の3月に崩れ落ち(主人的には崩れた後でもアズールウインド跡に行きたかったようですが...)何も残っていないらしく、変更になったのかも...です。
ですが、そこはヨーロッパのカトリック教会ですので、しっかり見所満載です(^o^)/。

他の皆さんもバスに向かっているので私達も続きますが、また先程の二人組みが遅れているようです。(ツアー客の方もドライバーさんもちょっとお怒りのようです(#^.^#))

元々、マルタは車の運転が荒いそうですが(昨日の送迎のおじさんも確かにそうでした)、この一件でさらに悪化したような...(^^;。

 

その後、バスはゴゾ島の中心地ヴィクトリアに到着、こちらでは約一時間の滞在で、お城(跡)観光と昼食になります。

f:id:yukibodymake:20171109172058j:image
ここでバスのドライバーさんが一言、「時間厳守、遅れた人は置いて行くから...」との事、やっぱり怒ってたんですね〜。(降りて行く人、一人ずつに出発時間を連呼されていました)

まずは、ヴィクトリアキャピタルに向かいます。石造の高い外壁と中心にはカトリック教会、通路は狭く、まさに要塞都市マルタといったお城跡です。

f:id:yukibodymake:20171109172151j:image  f:id:yukibodymake:20171109172229j:image  f:id:yukibodymake:20171109172302j:image
もちろん当時を再現した大砲も置かれています。

f:id:yukibodymake:20171109172513j:image

が、その残っている建物はカフェやレストラン、お土産店になっていて、ちょっとだけカルチャーショックでした。

また一番高台の所からはヴィクトリアの街やゴゾ島の絶景を眺めることもできます(^o^)/。

f:id:yukibodymake:20171109172354j:image  f:id:yukibodymake:20171109172430j:image

その後、お城から下ってきた私達ですが、昼食をどうするべきか相談です。「帰りの船もあの揺れなら、食べるとまずいんじゃないか?」「特にスリーマで買って持ってきているのは、ミートパイとチキンパイなのでこれは絶対食べない方が良いよね!」などなど...。
さほどお腹も空いていないので、とりあえずアイスクリームをいただくことにしました。イタリアでもそうでしたが、暑い日のお昼はジェラードで十分かもしれません。ジェラードを食べて落ち着いた私達、もう少し時間があるので街の散策です。
その後リンゴ1つとバナナ1本、お水を買ってバスに向かいました。(ジェラードもそうでしたがフルーツもお水も安いです。マルタは物価が安いと言われていますが、他のユーロ圏に比べると格段に安いのかもしれません!)

バスは定刻に全員を乗せて港に戻ります。(今回はあの二人組みも時間通りの集合でした)

f:id:yukibodymake:20171109172604j:image  f:id:yukibodymake:20171109172645j:image

次は主人のこの旅のハイライト、コミノ島のブルーラグーンへクルーズ船で移動です。

f:id:yukibodymake:20171109172724j:image

 今回の現地ツアーはすべてオプショナルツアー予約専門VELTRA / Alan1.net

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 大都会の楽園!『Bintan(ビンタン)島』の旅❷

【世界の絶景!夫婦で巡る旅ブログ】 大都会の楽園!『Bintan(ビンタン)島』の旅❷

f:id:yukibodymake:20170623153229j:image

BLR2日目、まずは朝の散歩です。

日本に居る時にはないのんびりとした朝ですね〜o(^o^)o。
ビーチからビューポイントと書かれた高台まで、朝陽を浴びながらのお散歩です\(^o^)/。

f:id:yukibodymake:20170623153329j:image
が、気持ち良かったのもつかの間太陽がしっかり昇ると、やっぱり暑いです。

しかも陽射しも半端なくキツイです(>_<)。

f:id:yukibodymake:20170623153413j:image

一旦、お部屋に避難し、その後は予約していたテニスをしました。
この暑さと東南アジア特有の湿度に、さすがに滅入ってしまうほどです。(現地のスタッフの女性は今日は涼しいね、って...( ̄◇ ̄;))

f:id:yukibodymake:20170623153446j:image

テニスも早々に切り上げ、朝食へ。
ブッフェスタイルの朝食で、景色の良いアウトサイドの席も空いていましたが、一番涼しそうなACの効いた席でいただくことにしました。

f:id:yukibodymake:20170623153527j:image

朝食後は今日もプールサイドでまったり、今日は少し曇っていて私的にはグッドです\(^o^)/。

お昼(カップ麺)を食べにお部屋に戻ったり、またプールサイドでゆっくりしたり、お部屋でのんびり過ごしたり...。夕方にはビリヤードで楽しみました。

f:id:yukibodymake:20170623153552j:image

夕食後はお部屋でまったり、「何もしない贅沢な時間」です。

(-_-)zzz。

f:id:yukibodymake:20170623153734j:image
BLR3日目、(ちなみに主人は1人でビーチまでサンライズを撮りに行ってましたが)まずは朝食です。

f:id:yukibodymake:20170623153800j:image

昨日と同じブッフェレストランでいただきました。今日はテラス席で..o(^o^)o。

朝食後は本日もテニスで汗を流します。(朝とはいえ東南アジアでのテニスは危険かも...)

テニスを終え、お部屋に戻ると間も無くして3日連続のスコールです。(このせいで湿度が...)

f:id:yukibodymake:20170623153823j:image

本日の13:00の船でシンガポールに戻りますが、まだまだのんびり過ごします。

f:id:yukibodymake:20170623154012j:image

今日のスコールは本格的に長く降っているので、帰りの船が揺れるかと心配でしたが、お昼前にはすっかり上がり快晴です\(^o^)/。

f:id:yukibodymake:20170623153940j:image

チェックアウトを済ませ、荷物を預けたら、そのままビーチに向かいます。

f:id:yukibodymake:20170623153912j:image
名残惜しいですが、最後ギリギリまでビンタン島の海を堪能し、船のターミナルへ。

 

1時間15分後には、『シンガポール』に到着し、入国審査、税関検査を済ませ、無事に入国完了。

 

タクシーもすぐにつかまり、一晩だけお世話になる『クラウン・プラザ・チャンギエアポート』ホテルヘ。

f:id:yukibodymake:20170623154116j:image

チェックインして荷物を置いたら、シンガポールの街に繰り出します。

何処に行くか迷いましたが、マリーナベイに行くことにしました。

f:id:yukibodymake:20170623154203j:image
以前最初にシンガポールに来た時には『マリーナ・ベイ・サンズ』に宿泊しこの周辺もかなり散策しましたが、マリーナベイのプロムナードが整備され綺麗に変わっていました。

プロムナードを歩き、マーライオンパークまで行きます。

f:id:yukibodymake:20170623154259j:image
「ワン・フラトン」というウォーターフロントのエリアもとても綺麗に整備され、マリーナベイサンズの夜のライトアップを眺めるには絶好のロケーションです。

f:id:yukibodymake:20170623154334j:image

f:id:yukibodymake:20170623154414j:image

f:id:yukibodymake:20170623154421j:image

帰りのMRTの乗り場に行くのにちょっと迷いましたが、そのおかげで近くの「ホーカーズ」にたどり着き、「マンゴーアイス(カキ氷)」で喉を潤し、チャンギエアポート戻りました。

 

チャンギエアポートの地下にあるスーパー(偶然発見!)で、お土産を少し買い、ホテルに戻ります。
明日は早朝便で帰国ですので...(-_-)zzz。

f:id:yukibodymake:20170623154538j:image
5日目の早朝のフライトで、成田を経由し伊丹でこの旅も終わりです。

「何もしない贅沢を満喫する旅!」も悪くないと思える旅になりましたm(_ _)mm(_ _)m。

レンタル海外携帯